ヤフオクの「女子生徒の上履き」、実は出品者が使用済み!詐欺行為に該当か


「ヤフオク!」には、女性の使用済みとされるものが、数多く出品されている。使用済みのものに興奮する人々が、趣味で購入しているのだろうと推測される。このたび当サイトに情報を提供してくれたのは、自身もそのような趣味を持つという男性だ。特に女性が使用済みの靴が大好きだそうで、オークション等で購入したこともあるという。

ヤフオクにて、ある人物が女子生徒の上履きを大量に、かつ定期的に出品していた。不審に思って調べたところ、意外な事実が判明したというのだ。その人物の出品内容を見ると、「娘が高校を卒業して上履きが不要になり、中古品を出品した」、「娘が中学生の時の上履きが押し入れから出てきた」といった説明がある。

出品された上履きの画像の中には、文字やイラストの入ったものが少なからずある。そして、それらと全く同じ上履きを撮影した画像が、出品に先立って、ある男性のTwitterにて公開されていたことが発覚。当該のアカウントでは、女子生徒たちから入手した上履きを使った各種の性的行為を撮影した画像や動画が、大量に公開されていた。

 

 

 

彼は、女性の使用済みの靴、特に女子生徒が履いた上履きやローファーに興奮するという。それらを風俗店に持参し、店の女性に着用してもらって楽しんでいた。靴を履いた女性に股間を蹴られたり、靴を股間に擦りつけたりといった行為を繰り返し、その様子を撮影した動画をYouTubeにも公開していた。

 

 

 

そのようにして自身が「使用済み」のものを、ヤフオクに出品していたのだ。情報提供者は言う、「出品者が使用済みとは書かれていません。これは、詐欺ではないかと思います」。その他、Twitterにて性的行為の相手を探す少女たちに対して、「教育的指導」と称して、知人の警察官の名刺の画像を提示して諭したと、恫喝行為を自慢していた。

 

 

当サイトでは、男性の在住地域とされる一帯を管轄する警察署に連絡を取った。本件については、その時点までに把握していなかったという。そこで、問題視されている主要な論点と、本件が発覚に至った経緯等を説明した。先述したヤフオクでの出品は、詐欺と言えるのか。そのように問うと、「詐欺とは即断しがたいです」と担当者は述べた。

ヤフオクで落札した人々が、「女子生徒の使用済みだから」という性的な動機に基づいて買い求めたとは限らないというのが、その理由だ。単に「中古品でもよいから安く買いたい」と考えて落札した可能性を、否定できないというのだ。したがって、落札者本人から、「騙された」という被害届が提出される必要があるという。

続いて、男性が警察官の名刺を使用したという件について尋ねた。担当者に確認してもらったところ、名刺に氏名が書かれていた警部補と巡査部長は実在することが判明。名刺は本物である可能性が高そうだ。ただし、名刺の画像を掲載したツイートだけでは、男性がその画像を少女に提示して諭したという話の真偽は確定できない。

それゆえ、男性と警察官との間に本当に接点があるのか、実際に男性が名刺を使用したのかといったことの確認が必要になるという。まずは一連のツイート内容及びヤフオクへの出品の詳細を調べて、対応を検討するとのことだった。なお、調査の妨げにならないように、警察への連絡から一定の時間が経過後に、本記事を配信した。

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋 


SNSでもご購読できます。