【PR】借金で苦しむ人々に支持される「債務整理」とは? 専門家に聞いてみた!


だれだって借りるときは「返せる!」と思ってカネを借りるし
ましてや、自分が借金地獄におちるだなんて・・・想像もしないはず。


借金がふくらんでしまうと、人生はまさに「地獄」・・・

この記事は、いま借金地獄で苦しんでいる人はもちろんのこと、
ひょっとしたらこの先、お金を借りる可能性があるなら、読んでおいて損しない内容だ。
友人や知り合いが借金で苦しんでいたら、ぜひおしえてあげてほしい。

とにかく、返せなくなってしまったら、しかたがない。
まいにちアチコチから「カネかえせ!」の電話&メール攻撃を受けまって、ヘトヘトになる。
そんなとき、つまりどうしても借金が苦しいときは、これまで「自己破産」がよいと言われていた。
自己破産(じこはさん)、一度くらい聞いたことがあるだろう。
しかしいま、注目を集めているのは、

任意整理(にんいせいり)

あるいは個人民事再生(こじんみんじさいせい)

と呼ばれる手続きなのだ。

個人民事再生では、一部条件のもと、家やクルマを手放さなくていい、というのが大きな特徴(自己破産との違い)となる。
自己破産すれば、たしかに借金がチャラになるのだが、
家を売って、クルマを売って、家具や自転車や、趣味の道具も、日用品まで売ることになってしまい・・・
しかも大した値段もつかないから、ほとんど売り損だったりする。


売っても大したカネにならないのに、それでも売らざるを得ない・・・

けっきょく、ボロ家に引っ越すハメになり、
破産したこともまわりにバレたらカッコ悪くて、会社に居づらくなったりして・・・
転職すれば年収も下がり、どんどん負のスパイラルに落ちていく。

そういう自己破産のマイナス面が、個人民事再生であれば一部ないから、
債務整理のあたらしい形として注目を集めているというわけだ。


今回は債務整理をテーマにしたサイト、その名も「債務整理ナビ.link」の代表である篠宮氏に話を聞いた。

―「債務整理」を選ぶ方は増えているのか?
このサイトを開設して1年になりますが、お問い合わせ件数が増えており、多くの方に注目されていること、またお役に立てていることを実感しています。


苦しい人に寄り添う・・・イメージそのままの優しい語り口が印象的な「債務整理ナビ.link」の代表・篠宮氏。

―何年か前には“過払い金訴訟”も流行った
過払い金請求に時効があるだけでなく、年々請求を終えた方が増えてきています。
債務整理とは、過払い金の調査と請求の可能性も含め、その次どうするか、任意整理・個人再生・自己破産を選ぶのか、というお話です。


―テレビCMをやっているような大手の事務所との違いは?
テレビCMをやっているところだけが扱っているということはありません。有名無名に関係なく、複数の事務所に相談の上で依頼することができます。その点、我々のような専門サイトは、借金で苦しんでいる方に寄り添って、細やかな観点から事務所選びの機会を提供できることが価値かなと思います。


―ズバリ、個人再生は自己破産よりもおススメか?
誤解していただきたくないのですが、すべての点において、個人再生が自己破産よりも優れているわけではありません。お問い合わせいただいた方の状況を、簡裁代理認定司法書士・弁護士がお聞きします。そのうえで数ある方法の中から最適な方法を提案していただけるという流れです。

―ケースバイケースということか?
そのとおりです。現在の状況次第で、希望する方法が必ずしもよいとは限りません。
ただ確実に言えることは、
債務整理を知らないと損をしますよ、ということです。返済の意志があるのに、もはや冷静な判断ができない・・・という方は、ぜひご覧ください。きっと、お役に立てますので。


いかがだろうか。
借金を整理する方法も、時代とともにどんどん進化しているわけだ。
気になった方は「債務整理ナビ.link」をチェックしてみてほしい。



債務整理ナビ.link