PCデポHPのトラブルシューティング、雑誌連載記事からの盗用疑惑が浮上


PC DEPOT(以下、「PCデポ」と表記)HPの内容が、他所からの盗用ではないかという疑惑が浮上した。発端は、当サイトに読者から寄せられた指摘だった。PCデポHP内の文章の一部が、「なにしろパソコン」というサイトの掲載内容に酷似しているというのだ。

「なにしろパソコン」には、「パソコンの代表的なトラブル事例と初期対応」というページがある。これは、編集長の林俊二氏が雑誌『企業実務』に2011年4月から連載した記事に加筆・修正したものだ。同誌の了承を得て、「なにしろパソコン」に掲載したという。

PCデポHPのトラブルシューティング、雑誌連載記事からの盗用疑惑が浮上


連載の第10回「プリンターが動かない/印刷できない」の見出しや文章が、ほぼそのままPCデポHPに転載されていたことが発覚した。「多く寄せられているご質問」内の、「プリンターに関するトラブル」というページである。そこには、林氏の文章からの引用である、もしくは転載であるといったことは、一切書かれていない。


PCデポHPのトラブルシューティング、雑誌連載記事からの盗用疑惑が浮上

PCデポHPのトラブルシューティング、雑誌連載記事からの盗用疑惑が浮上


林氏の当該の記事が「なにしろパソコン」に掲載されたのは、2012年12月だ。林氏の記事からの盗用が疑われたPCデポHPの文章には掲載日が記されていないが、インターネットアーカイブでは2014年以前には遡れない。

PCデポHPの「プリンターに関するトラブル」には、林氏の記事内には見当たらない文章もある。その部分を当サイトが調べた結果、CanonのHPの「Q&A」のページ(2013年1月更新)に、ほぼ同じ文章が見つかった。

PCデポHPのトラブルシューティング、雑誌連載記事からの盗用疑惑が浮上

PCデポHPのトラブルシューティング、雑誌連載記事からの盗用疑惑が浮上


9月2日、当サイトでは『企業実務』編集部に連絡を取った。PCデポへの転載等の許可の有無を尋ねたところ、同誌の記事に酷似した内容がPCデポHPに掲載されていたこと自体、把握していなかったそうだ。そこで、発覚に至る経緯と概要を説明した。まずは詳細を確認し、林氏にも本件を伝えるという。

 

その他の証拠画像は、こちら

 

 

高橋 


SNSでもご購読できます。