<新情報>三重県鈴鹿市・夫の死体遺棄容疑で逮捕の横山富士子の過去


今年5月、三重県鈴鹿市で起きた殺人事件で、殺害された横山麗輝(よしき)さん(25)の妻である富士子容疑者(45)と不倫相手の上山真生(うえやま まお)容疑者(29)が死体遺棄の疑いで逮捕されました。

麗輝さんは電気コードが首に巻きついた状態で、自宅駐車場の軽ワゴン車内で発見されています。その第一発見者は富士子容疑者の息子(25)でした。富士子容疑者と夫の麗輝さんは20歳差、不倫相手とは16歳差で、息子は麗輝さんと中学校の同級生というのが驚きです。しかも、麗輝さんとの結婚は5度目。

年下男性に好かれる横山富士子という女性は一体どういう人物なのでしょうか。
彼女を良く知る関係者に話を聞いてみました。

「旧姓は、石黒富士子。母子家庭で育ち、兄がいたような記憶があります」




△当時、富士子容疑者が住んでいた桜島団地

「富士子容疑者は鈴鹿市立平田野中学校に通っていましたが、鈴鹿市立白子中学校に転校しました」




△鈴鹿市立白子中学校

「ヤンキーっぽくて、転校してから一週間ほどで女のヤンキー集団を仕切っていた活発な子でしたよ」
「高校へは行かずにプロレスラーになると言っていました」


「富士子容疑者は過去に暴力団関係者と結婚をしたという話を聞いています」


△横山富士子容疑者の現在の自宅


「一緒に殺人を犯した男性は富士子容疑者の勤務するスナックMomoの常連客みたいですね」


△スナックMomo


△上山真生容疑者の現在の自宅


泥沼三角関係の結末がこのようになるとは大変残念です。
横山麗輝さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


ガルエージェンシー名古屋駅西伊勢湾広島駅前/代表・ガル探偵学校名古屋校校長 矢橋 克純
別名『番長』。他の追随を許さない絶対的な調査力と情報網を持つ東海地区屈指の本格派探偵。生来の親分肌と人望の厚さからガル中部ブロック長、ガル探偵学校名古屋校校長、さらには新規代理店の教育係を兼任し、ガルグループの中心メンバーの1人として全国を奔走している。