連続放火犯再逮捕、他の不審火にも関与か?


2018年3月に建造物侵入などの容疑で逮捕された46歳の男が放火の容疑で再逮捕されました。

再逮捕の容疑は、2018年2月9日の午後11時20分ごろ、容疑者の自宅近くにあるラーメン店に営業終了後に侵入し、店内に火を放ったということです。再逮捕の日は2018年4月4日。警察の調べに対し、「わたしがやりました」と容疑を認めています。

その後、男が放火したラーメン店は閉店に追い込まれました。


△閉店したラーメン店


「おいしい店だったのに、放火で閉店なんて残念」
「感じのいい店でしたよ」
と近所の評判は良かったようです。


さて、このラーメン店の周辺100m以内では、他にも3件の不審火が発生していました。

不審火が発生したのは、2017年12月25日午後11時過ぎ。
新築中の建物やアパート1階の外壁、別のアパートに駐車中のオートバイが燃える火災が発生したのです。しかし、出火場所には火の気が無いことや、時間帯が深夜や未明であることなど容疑者の放火手口と類似点が多く、関与があったものとみられていました。


△出火したアパート「広瀬ハイツ」


この火災では40代の女性が煙を吸うなどして病院に搬送されました。
火をつけられたアパート住む男性は「新築中の住宅の火事と思っていたら、自分のアパートが燃えていた。パニック状態だった」と火事の様子を語っています。


△オートバイが置いてあったアパート「ファミール野沢」


その後、新築中の建物への放火容疑で2018年5月に再逮捕。6月にはアパート(広瀬ハイツ)1階の外壁に火をつけた容疑で再逮捕されました。さらに今年7月27日、アパート(ファミール野沢)の敷地内に停めてあったオートバイを覆ったシートに火をつけた疑いで再逮捕されています。男は警察の調べに対し、「仕事でむしゃくしゃしてやった」と供述しています。


実は、この容疑者の住む地域では、2016年2月~2017年6月頃にも5件の不審火が発生しているのです。

2017年6月の火災について発生直後の報道によると、
『16日午前1時50分ごろ発生、サンハイツ中山の物置や外壁が燃えた。現場周辺に火の気はなく、連続放火の可能性もある』とのこと。


△サンハイツ中山

逮捕された男の手口と似ている点が多そうです。
近隣の住民は、「マネする奴が出てくる前に早く犯人を捕まえてほしい」と容疑者が逮捕されても、なお不安を口にしていました。


放火は殺人同様の重大な犯罪です。

現住建造物等放火罪は、死刑もあり、5年以上の懲役刑しか無い非常に重い刑罰です。これは、殺人罪で設定されている刑罰と同じです。人が住んでいる場所に放火すれば、命の危険性があるので殺人の意思は無くても殺人罪と同等の刑罰を受けます。(https://keiji-pro.com/columns/59/#toc_anchor-1-12より引用)


ガルエージェンシー吉祥寺  代表・師 靖人
東京生まれの東京育ち。23区内から都下の隅々まで熟知し、土地勘がものを言う尾行には絶対の自信を持つ。浮気調査は特に依頼者から絶大な信頼を得ており、リピーターや弁護士からの紹介案件も多い。15年以上ノークレームの探偵。