大失敗に終わる人がいる一方で・・・株式投資で成功するカギは?


株式投資で大きな資産を生み出す人がいる一方で、大失敗に終わる人もいます。その違いは何でしょうか? 秘密を紐解いてみます。

■自分の投資スタイルを確立している!
勝てる投資家は、自分の投資スタイルを確立しています。勝ちパターンをたくさん持ち、それを日々忠実に実践しているからこそ、勝てるわけです。株式投資は一攫千金ではなく、毎日の勝ちパターンの積み重ね。その結果、いつの間にか億万長者や伝説のトレーダーになっている、というわけです。

■過去に大失敗したことがある!
巨額の資産を築いたカリスマのトレーダーも、過去に一度は株式投資で大失敗しています。失敗すると、それを取り返すために株式投資について真剣に勉強するようになります。こうして勝ちパターンを知り、冷静に取り組むことができるようになります。株で大儲けしようと思っていないのも成功者の共通点。実際には大儲けしていても、日々のトレードの積み重ねや下落相場をいかに乗り切るかの知識や知恵を持っていることがポイントとなります。

■他プレイヤーの心理を読む!
現在の株式投資は、人を介さずネットを使って誰でもできます。ですが、間違っても機械とトレードをしていると思わないこと。株式投資をやっているのは「人」です。株を売る人がいて、株を買う人がいる。人によるものだからこそ、株式投資の相場には心理的な要因が大きな影響を及ぼします。人の心理から相場を読むと、新しくて大胆な予想ができるようになります。狼狽売りが典型的な例でしょう。うまくいっていない人は、もう少し広い視点から株式投資を捉えてみるといいかもしれません。

■まとめ
株式投資において、成功するための鍵についてお伝えしました。自分の勝ちパターンは自分が探り当てるしかありません。「失敗は成功のもと」「心理戦を読む」がポイントです。

 

 

ガルエージェンシー仙台長町(0120-777-002) 代表・長谷川
地域イベントに積極的に参加するなど、地域密着をモットーとし、加盟している地元商店街では「親しみやすい探偵さん」といわれている。持ち前の行動力と抜群の情報収集能力を駆使して、常に依頼者様の立場で問題解決に導く。仕業との連携も深い。

SNSでもご購読できます。