元従業員の犯罪まがいの裏切りを潜入調査で暴く!!


今回は潜入調査の話です。依頼人は50代男性で足場(仮設)工事を請け負う会社の社長。対象者は独立した元従業員でした。

約5年前に従業員として対象者を雇い入れた依頼人。足場設置工事に関しては経験者ということもあり、即戦力で活躍してくれたそうです。歳が離れた対象者のことを、依頼人は本当の息子のように可愛がっていました。

現場を任せるようになって数年経った頃、資材置き場の資材が一部なくなっているのに気付きました。一部といっても、アパートや戸建て住宅を囲えるほどの足場資材がなくなっていたのです。

そんな時でした。対象者が独立したいので会社を辞めると言い出し、一方的に辞めてしまいます。

しかも独立してすぐに数件の現場を抱えている状態。その現場の依頼主が依頼人と取引していた会社だったのにも驚きを隠せませんでした。そこで今回の調査に至りました。

調査内容は、対象者の新規会社の足場資材の確認をするというもの。足場資材には会社ごとに色分けなどをして、他の会社と区別できるようになっているのです。

対象者の会社の資材置き場にあるものから、依頼人の会社で使用している資材を見つけ出すという作戦です。

対象者の会社はちょうどアルバイト募集をしていたので、グッドタイミングでした。早速、面接に行き即採用となります。会社として大丈夫か・・・即採用って・・・

01

何はともあれ、無事潜入成功!! 資材置き場を確認。朝の積み込みや夕方の資材降ろしの時にいくらでも確認できます。結果はすぐに出た! 調査依頼人の会社で使用している色の資材がまだあったのです!!

02

すぐに調査依頼人に報告すると、悩んだ挙句、黙認するといいます。独立するならするで、相談してくれれば応援したのに・・・とこぼした表情が悲しく見えた。

※この話は実際の調査をもとにしたフィクションです。

 

 

ガルエージェンシー埼玉(0120-110-325)
1999年に設立。以来、数多くの調査を受件し、埼玉県内随一の調査力との呼び声も高い。その圧倒的な調査力が評価され、弁護士からの信頼の厚さは抜群。また、相談員の親身なカウンセリングとアフターケアからリピーターとなる依頼者も多い。

 

 


SNSでもご購読できます。