絶望


朝の4時に起きて伊豆に向かった。
片道6時間、麻生と交互に運転していくとはいえ、やはり遠い。
昼前に着き、ご近所に挨拶回り。

 

 

 

11軒全てに挨拶に行ったが、口々に言われた。

 

「どうしてこんな原野を買ったの?」
「何十年も放置された土地なのに。」
「埋め立てしないと使えないよ?」

 

だから安いんだろうが。

 

という心の声を封印しながら笑顔で挨拶を済ませる。
近所で作業場&宿泊施設も手配した。さぁ、あとは整地に取り掛かるだけだ。
今日は建築関係の友人を呼んでおいた。いろいろアドバイスを受けるためだ。
お、来た来た。

 

 

「どう、整地にどれくらいお金かかる?」
「……。」
「遠慮しないで言って!」
「これ、安くて1000万円、下手したら2000万円かかるよ。」

 

な~に~っ!?

 

 

「ほら、ここから見ると隣の家との高低差が分かるでしょ?」
確かに…生い茂った木とかであまり気にしなかったが、高低差が3メートルもあるらしい。
しかも土地全体が湾曲して歪(いびつ)になっているとのこと。

 

「これ、人力だけでやるの無理でしょ。根性以外で。」

 

 

でも、スコップを買う以外の予算はもう無い。
嫁さんに相談した。

 

そんなお金無いわ、そのために毎日鍛えてるんでしょ?(微笑)

 

絶望感いっぱいのまま帰路に就いた。
みなさん、どうかお願いだから6月6日から始まる整地に来て。
探偵ファイルが終わっていいの!?
アドバイスとご協力の声をください。こちら 長年お世話になった探偵ファイルを助けようじゃないか係

 

 

BOZZ

 


SNSでもご購読できます。