iQOS(アイコス)に続け…加熱式たばこ「グロー」品切れ続出!飢餓商法の疑いも!?


12月12日、たばこ市場のシェア世界2位の英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)から新型の加熱式たばこ「グロー」が世界に先駆けて仙台市内で発売されました。

加熱式たばこは昨年全国発売された「アイコス」も品薄状態で、入手困難ななか、満を持して発売されたグローも数日で入手困難となっています。初日に10台ほど入荷したが即完売となり、あるコンビニエンスストアでは「年内入荷致しません。」の張り紙も。

市内南部のコンビニ店では、大阪のブローカーと称する男性が「なぜ売ってないのか!?」と騒ぎになり、警察が駆けつける事態も起きています。

そんななか、16日には仙台市中心部の繁華街にグローのフラッグシップショップ「glo(グロー)ストア」がオープンしました。午前7時30分から当日分の購入券を配布するとの情報から、その時刻に訪れてみると、予想はしていましたが既に100人近くの行列!

しかし、既に受付終了の告知が。

列の最後尾に並びながら聞き込みをすると、「昨日の午後4時くらいから並びはじめ、午前2時には予定数の96個の整理券が配布完了した」と! 現在並んでいる人たちは、買えるかどうかもわからない状況だという。

しばらくしてストア側から緊急措置が発表され、今並んでいる人には明日の購入引換券を配布するとのこと。

列に並んで待つ人の多くは「アイコスが入手できないので、グローなら買えるかと思った」らしく、寒空のなか、震えながら本人確認の手続きを待っていました。

それにしても、コンビニ各店には販促用のディスプレイが設置してありますが、

そこには既に「好評につき只今品切れしております。」と、どう見ても最初からあったような表記が。店員さんに聞き込みをすると、「発売当初から、その表記ボードが付いていました。」って!?

何か、消費者が踊らされているようです。皆さんもあまり加熱し過ぎないでくださいね!

ガルエージェンシー仙台第一(0120-007-085) 代表・嶺岸 和浩
1996年にガル仙台第一を開設。東北・北海道ブロックで最も歴史のある拠点としてけん引役を務めてきた。元カーレーサー。探偵業の傍らミュージシャンとしてライブ活動も行っている。現場第一主義で常に満足度の高い調査を目指し、日夜奮闘する。

SNSでもご購読できます。