主婦必見!油汚れに強い食器用洗剤は?


食器用洗剤のCMを観ると、頑固な油汚れが一瞬にしてピカピカに!
あれって本当なんでしょうか?
洗い物は量が多いほど面倒になりがちだし、油汚れを落とすのも一苦労><
時間に追われる主婦にとっては洗い物の時間を短くしたいものですよね!

そこで、8月末にリニューアルしたジョイコンパクトとキュキュットを含め、油汚れに強いと謳っている食器用洗剤の洗浄力を比較検証してみました☆

左から
■濃縮パワー処方でギトギト汚れもズバッとはがす「ジョイコンパクト」
P&G/200mL/界面活性剤33%(ネット最安値→128円)
■油汚れも泡も一気にパッ!濃密泡とすすぎの早さを両立した「キュキュット」
花王/240mL/界面活性剤42%(ネット最安値→148円)
■油汚れを一気にはがす泡と天然アロマオイル配合の香りで心地よく洗える「泡のチカラ」
ライオン/250mL/界面活性剤39%(ネット最安値→90円)
■すぐれた洗浄力に消臭機能をプラス。ハーブで洗ってすっきり消臭「ファミリーピュア」
花王/270mL/界面活性剤33%(ネット最安値→125円)
■とことん油汚れに強く力強い泡がたっぷりと続く「ファミリーフレッシュ」
花王/270mL/界面活性剤33%(ネット最安値→100円)
■しつこい油汚れも一度洗いでスッキリ!手肌をいたわる「チャーミーグリーン」
ライオン/600mL/界面活性剤15%(ネット最安値→380mLで140円)
■しつこい油汚れにも強く洗いあがりさっぱり「ママレモン」
ライオン/800mL/界面活性剤27%(ネット最安値→380mLで133円)

 

比べてみるとわかるのが界面活性剤の数値。これが高いほど油と水が混ざり合い、汚れが落ちやすくなると言われています。しかしその反面、長く触れていると手荒れの原因にも!
というわけで、早速汚れが落ちにくい定番のカレー皿をこすり洗いしてみました☆

 

……が、どれもこれといった差が出ません。やはり力加減なんかも関係してくるのかな?
そこで、みんな平等に比較できるよう漬けおき洗いで勝負!
本来の使用量目安とされる水1Lに対して0.75mL(料理用小さじ1杯は約5mL)で洗剤液を作り、その中にラー油まみれのお皿を入れるだけです♪

今回はこの中からより早く油が浮かび上がってきたものをベストオブ洗剤とします(^ω^)
界面活性剤42%のキュキュットが有利な気もしますが、果たしてその結果は!?




10分後


探偵ファイル調べ

 

なんと、ほぼ完ぺきに油を落としたのはファミリーフレッシュ!
続いてファミリーピュア、ママレモン、ジョイコンパクト、泡のチカラ、キュキュット、チャーミーグリーンの順です☆上位3種は洗浄力が強く、特に界面活性剤の数値が低めで肌にも優しい設定のママレモンはさすが1960年代から続くスタンダード!
逆にCMでよくみかけるブランドがまだ落ち切れないという残念な結果になりました。

 

ちなみに、中身を完全リニューアルしたというキュキュット。
洗浄力を上げて汚れが落ちやすくなったそうだけど、

30分後

改良前ってもっとひどいの?

 

 

おまけ

 

 

身近な疑問、検証、比較希望があったらメールプリーズ☆
←クリックで過去記事が見れるよ!

 

 

アンジェラ(^ω^)

 


SNSでもご購読できます。