ユニクロ店員、鉄道のトンネル内に侵入して記念撮影!前代未聞の事態


ユニクロの店員が迷惑行為に及び、その記録を自ら公開していたことが発覚した。問題の内容は、2017年1月12日と13日に、Twitterに掲載された。鉄道の線路を歩いてトンネル内に入っていく様子を撮影した画像を公開し、「ゆにくろなかよし2人と」と記した。トンネル内にまで侵入して自慢というのは、前代未聞の事態である。

 

 

翌日には、トンネル内の線路上に座っている場面を撮影した画像や、線路の上を歩いているところを写した画像など3点を掲載。「昨日トンネル線路見つけて2時間に1本だし電車来ないよねって写真撮ってる時 カンカン鳴りだして まじでビビりました(笑)」。先日も、モノレールの線路に中学生が立ち入って喫煙するなどして、物議を醸したばかりだ。

 

 

 

店員は、自身がユニクロに勤務していることを日頃から記しており、勤務先に関する愚痴も繰り返しツイートしていた。最近では、「ほんと会社に恋愛持ち込むのやめてくれるかな」、「誰が残業協力してっと思ってんだよ 遅番できたくせに」と同僚を批判。髪が茶色であるという理由で怒られたことなど、各種の内部事情も明かしていた。

 

 

 

過去ログを調べた結果、店員の氏名が写った画像や、勤務先を記したツイートが見つかった。当サイトでは、店員の勤務先の店舗への取材を試みた。だが、店長は休みをとっており、不在であるという。代わりに応対した人物に事情を説明したところ、店では対処が困難であるため、今回の件は本社に伝えてほしいとのことだった。

そこで、株式会社ファーストリテイリングの広報に連絡を取った。同社では、本件を全く把握していなかった模様だ。社内で詳細を調査し、対応をとるという。不穏当な内容を公開することだけでなく、自身の勤務先などを明かしてSNSを行うこと自体を禁じる企業も多い。それにもかかわらず、各種の問題が繰り返されるのは、なぜだろうか。

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋 


SNSでもご購読できます。