環境省の「萌えキャラ」は「性差別」!女性アナウンサーが激しく非難


環境省は、地球温暖化対策の一環で「COOL CHOICE」と題するキャンペーンを展開している。キャンペーンの知名度向上を目的に、「萌えキャラ」を導入することが昨年に発表されて、話題になった。このたび、アナウンサーでコラムニストの師岡カリーマ氏が東京新聞のコラムにて、こうした動向を非難した。

 

 

 

当該の記事は、2017年3月25日の「本音のコラム」欄に掲載された。最近、各種の広告で「そそり顔」の女性をよく見かけるという。一例として、師岡氏が眼鏡店で見たポスターを挙げている。その特徴は、「頬を不自然に赤く染めた少女がほわんとした表情でこちらを見ている。厚ぼったく塗った唇と、眼鏡の向こうのいわゆるつぶらな瞳」。

そそり顔は、「大人の女の間では不評である」という。「男の性的欲望を刺激してこそ女、という発想に基づく美のコンセプト自体が時代遅れ」、「いかにも従順そうに作られた受け身な表情で『そそろう』というのだから、昨今の男もナメられたものだ」と手厳しい。「ジェンダーコンシャスな時代の潮流に逆行する。けしからん!と憤慨」と師岡氏は評した。

同様の傾向が、先述の環境省の事例にも当てはまるという。「環境問題に関心の低い若年層に美少女キャラで訴えようというのだが、『若年層』が十八~二十九歳を指すと読んで愕然とした。大人ではないか」。成人に萌えキャラでアピールすることへの違和感を表明し、「性差別的ともとれる『萌え』の概念を、政府には推進してほしくない」と結んでいる。

 

 

 

環境省に尋ねたところ、師岡氏の記事については把握していなかったそうだ。キャラを発表した直後、Twitterやニュース記事のコメント欄等、ネット上の意見の中には批判的ものもあったことは確認していたという。しかし、ジェンダーの視点からの批判は、これまでにほとんど寄せられていなかったとのこと。

当該キャラが主な対象とする年齢層に師岡氏は言及したが、キャンペーンの公式ページの解説には、そのような記述は見当たらなかった。担当者に尋ねた結果、今年2月に行われた、キャンペーンの推進チームによる第2回会合の議事資料等に記載されていることが判明した。「特に若年層(10代後半~20代)をターゲット」と書かれている。

 

 

キャラはCOOL CHOICEのアプリに既に登場しているが、「普及啓発の様々な場面で活躍してもらうことを予定」との告知がある。担当者曰く、今後、クールビズ等に関わる活動を展開する際に、キャラを使用した動画を配信する計画もあるそうだ。その服装や演出次第では、再び論争を招くことになるかもしれない。

 

高橋 


SNSでもご購読できます。