就活生の履歴書を撮影した画像が流出か?炎上騒動の真相が判明


就職活動で企業へ提出された履歴書を撮影した画像が、ネット上に流出したのではないかという憶測が飛び交い、騒然となった。騒動の発端になったのは、ある人物が2017年4月19日にTwitterに公開した内容だった。履歴書を撮影した画像を掲載して、「こういう履歴書を書く人間の息の根を止めない限り日本に未来は無い」とツイートした。

 

 

本件が話題になると、情報が各所に転載された。すると、ツイートした人物は、転載したまとめブログを非難。掲載料を支払うように要求した。一方で、就職活動時に提出されたと思われる履歴書を撮影した画像を公開することは、個人情報の管理等の面で問題であると、非難する人々が現れた。

ツイートした人物は、こうした非難の声に対して、実態は異なると反論。画像は、ネット上から拾ったものであると明かした。ただし、どのように検索して見つけたのかということについては、失念したという。これらの釈明に関しては真偽が不明なまま、さらに各方面へ情報が拡散されていった。

当サイトが調査した結果、問題視された画像は、実際にネット上から取得されたものであったことが判明した。就職支援事業を行う企業のホームページに、支援内容の見本として掲載されている画像だ。そのページで閲覧できるのは、縮小された画像である。しかし、あるキーワードでGoogleにて画像検索を行うと、先述のツイートにあった、大きいサイズの画像を当該のページから取得できる。

 

 

 

 

 

4月21日、当サイトではこの企業に連絡を取った。同社では、このたびの騒動を既に把握している様子だった。現状や今後の対応を尋ねたところ、「それに関しては、専門家に任せていますので、大丈夫です」という。そのように述べた直後、担当者は会話を遮って、一方的に電話を切った。それ以降、呼び出し音は鳴っても、担当者が電話に出ることはなかった。

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋 


SNSでもご購読できます。