乳幼児のおしりふきに違いはあるの?全10種類を比較・検証してみた




デリケートな赤ちゃんのお肌を清潔に保つ「おしりふき」。育児経験者なら一度は使ったことがあると思いますが、商品によって厚さや水分量が違うので、好みではないタイプを買ってしまうとかなりショックですよね……。
そこで、生理用ナプキン同様に種類が多いおしりふきにはどういった違いがあるのか比較してみました☆



用意したのはネットやドラッグストアで見かける全10種類。左上から1枚あたりの単価が高い商品を並べています。高くて良いのは当たりまえ、中堅以降のクオリティも気になりますね。今回はお子様を持つママさん達にも協力してもらいました☆ ※検証結果はスタッフの独断と偏見によるものです。


①パンパース ふわふわシート 63枚(P&G)

1個あたり237円(1枚3.8円)
シートが大きくしっかりした厚さがあるので使いやすい。 水分量が程良く、おしりを拭くときに手が汚れる心配もなく安心して使えた。拭くと化粧水をつけたかのようにスベスベするので肌荒れを気にする人には良いかも。


②メリーズ するりんキレイおしりふき やわらかうんち用 54枚(花王)

1個あたり156円(1枚2.9円)
厚手で安心感があり、ウンチもスルッと落ちる!水分量は①より多めでちょうど良く、シート表面の凸凹がひっかかるようにおしりをきれいに拭ける。こちらも化粧水をつけているかのようにしっとりしていた。


③ムーニ―おしりふき こすらずするりんっ 60枚(ユニ・チャーム)

1個あたり120円(1枚2円)
やわらかくふんわりしていてお肌に優しい。水分量は普通くらい。その名のとおり、おしりをこすらずにするりんっとウンチを拭き取れた。キメが細かいからか1枚で拭くのは不安なので2枚使いたい感じ。


④ムーニ―おしりふき やわらか素材 80枚(ユニ・チャーム)

1個あたり120円(1枚1.5円)
同シリーズの③よりサラッとした拭き心地。水分量は同じくらいだけど③よりウンチの拭き取りが悪かった。
やわらかいのは良いけれど薄いので、こちらも1枚ではなく2枚使って拭きたい感じ。


⑤ピジョンおしりナップ こすらずつるんっ 66枚(ピジョン)

1個あたり95円(1枚1.43円)
厚手シートと書いてあるけどそこまでではない。しっとりしたシートで安定してウンチを拭き取れるが、水分はもう少し多めが理想。悪い点は無いけれど特別良いわけでもない。


⑥グーン 肌にやさしいおしりふき 70枚(大王製紙)

1個あたり95円(1枚1.35円)
水分多めでウンチを拭き取りやすかった。厚さが無く少々薄手のシートなので2枚で拭きたい感じ。
水分量だけで比較したらベスト3に入るかも。


⑦水99.9%赤ちゃんのおしりふき 80枚(レック)

1個あたり95円(1枚1.2円)
 シートが薄手で数枚で拭かないとウンチが落ちない。水99.9%と表記している割に、あまりみずみずしさを感じなかったので微妙。


⑧水99%Super赤ちゃんのおしりふき 100枚(赤ちゃん本舗)

1個あたり114円(1枚1.14円)
シートはまあまあしっかりしていて、厚手ではないけれど水分量が多くウンチを拭き取りやすい。
サラッとした拭き心地とコスパ的にも高評価。


⑨ピジョンおしりナップ やわらか厚手仕上げ 80枚(ピジョン)

1個あたり88円(1枚1.1円)
厚手で表面が凹凸しているので1枚でしっかりウンチを拭けた。同シリーズの⑤よりも拭き取りやすい。
もう少し水分があれば満点。
 

⑩ふんわりももちゃん 80枚(和光堂)

1個あたり77円(1枚1円)
使い心地が良くて肌がしっとりする感じ。シートは厚すぎず、水分量も程良いバランスの良いおしりふきだった。
1枚で良く落ちるわけではないけれど、使っていて心地い良い。
 


【結果】
1位 ②メリーズ するりんキレイおしりふき やわらかうんち用
2位 ①パンパース ふわふわシート
3位 ⑧水99%Super赤ちゃんのおしりふき
 
水分が少ないおしりふきを使うとウンチをきれいに拭き取れず、何枚も使うことで赤ちゃんのおしりが荒れてしまいます。購入する際は、厚手でしっかりとした水分たっぷりのシートを選びましょう(^ω^)
 




身近な疑問、検証、比較希望があったら
メールプリーズ
←クリックで過去記事が見れるよ!


アンジェラ(^ω^)


SNSでもご購読できます。