茨城県取手市の中3女子生徒自殺 その後


2015年11月11日未明に自らの命を絶った中島菜保子さんについて、現地にて取材を行った。

同事件は、茨城県取手市にある藤代南中学校で、同級生(主要加害者は3名の女子)からのいじめを苦に中島菜保子さんが日記を残して自殺。菜保子さんの両親が市教育委員会の「いじめの実態はなかった」とする報告に対し自ら調査を行い、いじめの実態をつかんだ事によって問題があらわになった。


▲取手市立藤代南中学校(取手市中田880)エントランス


その後、第三者委員会が発足したが、両親は文部科学省に公正な調査が行われていないと訴え、委員会 は今年6月に解散。7月13日に両親が県庁を訪れ、新たな調査委員会を県に設置するよう申し入れをした。


中学受験・中学選びに役立つ口コミサイト「みんなの中学校」というサイトで藤代南中学校の口コミにはこのようなことが書かれている。※2013年度入学2015年度卒業の投稿を5件確認。以下抜粋。

・学校の先生方はいじめがあったことを認めず、
  その後の対応も、もっと改善できる部分があったのではないかと思います。
・いじめは少なくないとおもいます。見ていないだけで。
・先生方の対応が問題点が多いと感じます。
・少ないとは思いません学年全体の1割がいじめにあっているようです。
・いじめはあります。問題があります。先生からの偏見も多いです。

これらの投稿を見ただけでも「いじめはあった」という印象が持てる。
加害者は、なぜそこまで一人の女子を自殺にまで追い込んだのだろうか。
そして担任は、なぜいじめを止めなかったのだろうか。



▲加害者Aが通っていた茨城県立龍ヶ崎南高等学校(中退)



▲加害者A親経営の居酒屋(俺ん家)



▲加害者Bが通っている茨城県立伊奈高等学校



▲加害者Cが通っている茨城県立藤代紫水高等学校



▲当時担任の佃香織氏転任先 取手市立第二中学校


今回、被害者宅が所在する取手市桜ケ丘周辺に於いて、報道に対しての聞き込みを行った。

・60代女性
第三者調査委員会と思われる方が調査している様子を見たこともないし、聞いた事もない。
・40代女性
教師の質は落ちていると感じている。自分の子供たちも同じ学校に通っているから心配だ。
・50代女性
今回の事でいじめは良くないと今の子供達が学び、成長していくことが大切だと思います。

藤代南中学校のHPにはいじめ防止基本方針を掲載しているが、その通りに指導がされていればいじめもなくなると思うのだが……。亡くなった中島菜保子さんのご冥福をお祈りいたします。

ガルエージェンシー船橋


SNSでもご購読できます。