岸和田だんじり祭で暴行問題が発生!現場を撮影した動画が流出


今年の「岸和田だんじり祭」(大阪府岸和田市)で暴行問題が発生していたことが、読者からの情報提供で発覚した。10月7日から8日にかけて行われた、「平成29年10月祭礼」での出来事である。先頃、問題の場面を現地で撮影した動画が、ネット上に流出した。撮影場所は、東岸和田地区の土生町であるという。

動画は、だんじりを後方から撮影したものだ。「大工方」と呼ばれる、屋根の上に乗って舞う男性が、彼の背後に立っていた人物を繰り返し叩いたり蹴ったりする様子が映っている。周りが止めようとしたが、男性は制止を振り切って暴行を続けた。相手に向けて、「死ね」などと罵倒する場面もあった。暴行された側は抵抗せず、ひたすら耐えている様子だ。

 

 

 

撮影者もしくはその周辺の人物の「今、殴ってたよ」という声も動画には収録されており、目撃者は少なからず存在するのではないかと思われる。だんじり祭をはじめとする地域情報を中心に扱う掲示板で、情報提供者は本件を知った。だが、その掲示板に書き込まれた本件に関する内容の大半は、短期間のうちに削除されたという。

情報提供者が動画を閲覧した際には再生回数は僅かだったが、その場で保存したとのことで、それが当サイトに送られてきた。当サイトが確認したところ、本件を問題視する意見がYahoo!知恵袋などにも書き込まれていた。そこからもYouTubeの動画へのリンクがあったが、既に削除されていた。

ちなみに、YouTubeの動画は、公開した人物自身によって削除されている。また、暴行の場面だけを収録した短時間の動画も、同様に削除済みだ。これらの動画には個人を特定し得る要素は見当たらず、自主的に削除されたことを情報提供者は不可解に思ったという。当サイトでは、だんじり祭の公式サイトを運営する岸和田市役所の観光課に連絡を取った。担当者によると、暴行の件やその動画の流出については初耳だったという。

 

 

だんじり祭の運営は、基本的に各地域の自治会に委ねているそうだ。そのため、現場の状況の全てを市役所で把握できているわけではないという。土生町自治会のだんじり祭の管理責任者に取材を申し込みたいと伝えると、「連絡先が個人宅であるため、個人情報保護の理由から、氏名や電話番号等を明かすことはできません」と担当者は述べた。本件の概要や発覚に至る経緯を説明したところ、市役所にて詳細を確認するとのことだった。

 

高橋 


SNSでもご購読できます。