美肌効果や関節痛を緩和!?冬こそ摂りたいコラーゲンを比較




冬になるとお肌の乾燥が気になりませんか?面倒でも保湿ケアを十分にしなければトラブルを招く原因になります。そこで積極的に摂りたいのが「コラーゲン」。体の内側からお肌を守る効果が期待できるほか、関節痛の緩和や骨を丈夫にする働きがあると言われています。コラーゲンが豊富な物を食べるのが一番ですが、パウダーのほうが気軽に摂取できそうですよね!というわけで、市販のパウダー商品を比較してみました☆



用意したのは魚由来コラーゲン6種類。豚由来コラーゲンより吸収性が良い反面、独特のにおいが気にな って飲みづらい商品もあるのだとか。せっかく買うなら毎日続けて飲める物が良いですね。今回はコーヒーに溶かして飲んでみます。※検証結果はスタッフの独断と偏見によるものです。


①アミノコラーゲン(明治)

1食分のカロリー…11kcal コラーゲンペプチド1000mg
コーヒーに溶かすと少し味が甘くなる。においやクセが無く万人受けするタイプなので初心者には良いかも。保湿力効果のあるミルクセラミド、アミノ酸、軟骨に良いグルコサミンが配合されている。
 
②アミノコラーゲンプレミアム(明治)

1食分のカロリー…11kcal コラーゲンペプチド1000mg
ミルクの臭みがある。味は他よりも素のコーヒーに近く、少し甘味がある。時間が経つと臭みが増すので要注意。ミルクセラミド、アミノ酸、グルコサミンのほか、ヒアルロン酸やコエンザイムQ10といった若さと美しさを維持する成分が配合 されている。

③The Collagen(資生堂薬品)

1食分のカロリー…21kcal コラーゲンペプチド5000mg
コーヒーに溶かすと色が濁り見た目が不味そうになった。ゼラチン臭さ、粉っぽさ、飲んだ後の生臭さがあって総合的にかなり飲みづらい。他商品と違い果実エキスや果汁、ミルクカルシウムが配合されている。ちなみにヒアルロン酸は1mg、セラミドは0.6mgと少な目。

④プラセンタコラーゲン(オリヒロプランデュ)

1食分のカロリー…22kcal コラーゲンペプチド5400mg
コーヒーからバニラの香りがして味も少し甘くなる。そんなに臭みや苦味も無く、バニラフレーバーのコーヒーのようになった。普段から甘い モノを飲んでいる人におすすめ。商品名に記載のあるプラセンタは豚。アミノ酸やグルコサミン等の配合は無く、商品名のとおりプラセンタ重視。

⑤低分子ヒアルロン酸コラーゲン(オリヒロプランデュ)

1食分のカロリー…23kcal コラーゲンペプチド5400mg
あまりにおいは無く酸味が出る。①ほど甘くはないが、②ほど素のコーヒーではない。喫茶店で飲んだとしたら「このお店のコーヒーは不味いなあ~」と思うレベル。ヒアルロン酸のほかにグルコサミンとセラミドが配合されている。

⑥華舞の食べるコラーゲン(エーエフシー)

1食分のカロリー…22kcal コラーゲンペプチド???mg
あまりにおいは気にならないが、飲むと口の中は魚臭さでいっぱいになる。後味が残り、鼻に抜ける生臭さを楽しみたい人向け?魚由来コラーゲンのみで特に他の成分は配合されていない。


【総評】
 コーヒーの味をあまり変えずに飲めるのは、②アミノコラーゲンプレミアム。ただし、臭みが出る前に飲みきる必要があります。次に飲みやすいのが、①アミノコラーゲン⑤低分子ヒアルロン酸コラーゲン。甘さが出ても良いのであれば、④プラセンタコラーゲンです。③The Collagenと⑥華舞の食べるコラーゲンはかなり飲みにくいので初心者にはおすすめ出来ません。
 
 コラーゲンと言っても商品によって栄養成分が異なります。自分が必要だと思うモノが入っている商品を選んでみてくださいね☆


身近な疑問、検証、比較希望があったら
メールプリーズ☆
 ←クリックで過去記事が見れるよ!


アンジェラ(^ω^)