ブラック企業を後押しする悪法 『家内労働法』


世の中の常識では全く考えられない不当な雇用関係(契約)を、行政が後押しをしている。
一部の民間人が悪用し、行政がその悪用さを容認し、さらに行政自体が都合よく利用している法律が、『家内労働法』である。

事件の経緯は、以下の通りである。


被害者A子さんは、30歳の主婦。そろそろ自宅から外に出て「働こうかな?アルバイトでもしようかな?」と考え、ハローワークを訪れ仕事を探し始める。

A子さんは、内気で人付き合いが苦手な事から、『自宅で出来るアクセサリー加工』(いわゆる内職)に興味を持ち、ハローワークで配布されている求人情報紙を家に持ち帰り、ご主人と相談の上、募集をしている会社に連絡をする。




後日、求人を行っている会社を訪問する。A子さんは履歴書を持参したが、『履歴書はいらない。』と言われ、直ぐにアクセサリーを作る為のチェーン作成とラインストーン加工を行う。仕事は、部品・部材を会社に取りに行き、自宅で部品・部材を組み立ててアクセサリーに仕上げる仕事(所謂内職)である。

A子さんは、真面目に1日3時間~6時間。納期が気になる仕事には12時間以上も作業を行い、時には朝まで作業をした事があった。仕事は丁寧で、会社から言われた納期を前倒しで終える為、次々と仕事が与えられる。


A子さんは、給料に関してご主人さんに次の様な相談をしている。

A子さん「お給料っていくらなんだろうね?」
ご主人「給料の事聞いていないの?でもハローワークでの紹介なんでしょう?一般的に時給って法律で決められているからね。どうだろう、内職だから時給300円~400円くらいかな?でも、お金の話を会社がしないのも気になるよね」


そして1ヶ月が過ぎ、いよいよ初めての給料。
渡された茶色の封筒には、驚くべき金額が入っていった。

 

4,842円


健全な人を雇って、1ヶ月の報酬がこれ?
A子さんは愕然として、腰が抜けて言葉を失う。

しかし、A子さんの災難はさらに続くのである。


ガルエージェンシー山形仙台青葉郡山 代表・松本 努
宮城県・山形県・福島県で活動。1600件超の調査実績があり、中でも素行・行動調査が得意分野。弁護士・司法書士などとタッグを組み、依頼者様の為に何が出来るのか?を常に考えた調査を提案する。ベテラン調査員数名を中心に調査技術力には定評がある。また、ガル北海道・東北ブロックの長として、他の支社からの信頼も厚い。


SNSでもご購読できます。