マネーの猫 ~2ndステージ


こんにちは。しばらくぶりの投稿となります「マネーの猫」の北川です。
昨年5月に会社を設立し(オープンは8月下旬)この3月で第1期の決算を迎えました。今回の内容は、4月からは第2期、そして2ヶ所目のスタジオをオープン=『2ndステージ』突入の話ではなく、先般BOZZから

「ようやくステージ2に突入したね」


と助言された内容を書きます。

去年の今頃は、芦屋で合宿をしておりました。


経営者になるための心構えを一から教わり、叱られ、そして何度も経営は諦めなさいと忠告を受けました。当時は合宿半ばで小田原に戻ってきてしまったほど憔悴していたのです。それでもBOZZは見放すことはなく要所で的確なアドバイスを発し、時には予言めいた発言で叱咤激励見守ってくださいました。

ただ、最終的に経営者は孤独です。押し寄せる不安に、命までとられることではないと自分に言い聞かせたことは一度や二度ではありません。

 

前置きが長くなりました。

 

「ヒト・モノ・カネ・(情報)」

 

経営資源を表す言葉としてよく引用されます。
重要度も ヒト>モノ>カネ の順番だという説明がなされています。

 

実は4月に入りBOZZと別件でお話しする機会があり、その際、今、人材について本当に悩んでいるということを伝えたところ、先の「ようやくステージ2に突入したね」という言葉を頂きました。

起業するにあたり、まず事業の内容について悩み、次に資金繰りに奔走し、起業できてからは目先の売上にどうしても目がいってしまう。ようやく、人材について現状把握・問題点・将来ビジョンに目を向けられるようになった時点でステージ2にステップアップということのようです。

多くの場合起業といっても個人事業主に毛が生えたような状態からスタートする訳ですから、人を使う本当の意味での経営のスタートラインにやっとたてたという実感が持てました。

昨年からこの記事を読んで頂いている方には、個人的な部分でも2ndステージに突入したことをご報告します。実はこれまでは、レオパレス21さんのご厚意で軌道にのるまでテレワークという形で籍をおいて頂いたのです。そして、もうひとつのけじめも。

裸一貫、新たにスタートします   北川 亨


SNSでもご購読できます。