運転免許証の偽造と見破り方


銀行口座の開設や携帯電話の契約の際、身分証明証としてよく使用されるのは運転免許証です。都道府県の公安委員会の発行ですから、個人で作れるものではありません。しかし最近、運転免許証の偽造し逮捕されたというニュースがありました。

平成30年5月10日、三重県の幹部職員が運転免許証を偽造し、無免許で公用車を数年に渡って運転していたことが分かり警察に逮捕されました。また、千葉県では、偽造した運転免許証を使用して携帯電話を不正に契約し売却していた男女のグループが逮捕されたことがわかりました。


運転免許証を作るには専門機器が必要と思われがちですが、実はパソコンと市販のインクジェットプリンターで作成可能です。コツは、免許証に使われているカラー部分の色と透かしマークを再現することだそうです。元とする免許証をスキャナーでパソコンに取り込み、そこに書かれている氏名・番号・住所などを書き換え、画像編集ソフトを使って写真を加工すると本物と見分けのつかない偽造免許証が制作できるようです。

                         (写真はイメージ画像です)

運転免許証の偽造は、有印公文書偽造の罪(刑法155条1項2項)が成立します。
絶対に真似しないでください。

では、提示された運転免許証が偽装されたものだったら……。
ここで探偵流の偽造免許証の見破り方を紹介しましょう。


運転免許証には12桁の免許番号があります。その為、提示された免許番号の数字が10桁であれば、その免許証は偽造されたものです。



また、12桁の数字には、警察庁通達「運転免許証の番号の形式および内容について」によって意味づけされています。免許番号の最初の2桁は、初めて免許の交付を受けた都道府県を表します。3桁目・4桁目は最初に免許を取得した西暦の年号の下2桁を表しています。

例えば、免許番号が3088×××××××0だった場合、「30」は東京都で免許の交付を受け、「88」は1988年に免許を取得した年を表します。免許を提示した人が大阪で免許を取り、年齢30歳と主張したとしても嘘と見破ることができます。

探偵は公開されている情報から嘘を簡単に見破れるのです。


ガルエージェンシー吉祥寺  代表・師 靖人
東京生まれの東京育ち。23区内から都下の隅々まで熟知し、土地勘がものを言う尾行には絶対の自信を持つ。浮気調査は特に依頼者から絶大な信頼を得ており、リピーターや弁護士からの紹介案件も多い。15年以上ノークレームの探偵。