●更新日 05/13●

どうしようもない男の逆襲




非常に地味な連載スタートでしたが、アクセス数が凄く、びっくりしています。応援メールの多くも「探偵ファイルらしさがいい」と評価していただき、本当に身の引き締まる思いです。
では、第三話、いかせていただきます。



▽▽▽▽


ストーカーの行動はおおよそ予想は付くが、何を考えているのかは非常に難解である。



写真

家に住み着いたストーカー男、松●40歳。
この男も、そう。


まず言動からして、おかしい。

相談者が
今すぐ出て行ってよ。
といえば、
出て行かないとはいってないだろ?出て行くけど、今すぐは無理だって!
出て行ってよ!
だから、今すぐは無理だって。
なんで?
行くトコないし……。
ホテルでも何でも泊まればいいでしょ!
荷物もあるから。
実家に送ればいいでしょ。
無理だよ。
無理とかそういうのとか関係ない!
おまえは俺の事が嫌いなの?


・・・・・。


嫌いだから別れたんだろうが!! ←心の叫び

写真
あきれてモノもいえないBOSS

自分の立場が本気でわからないのであろう。
警察が来たときもそう、自分が助けを呼んだつもりが、逆に
そんなに、(我々が乗り込んできて)都合が悪かったら自分が出て行けば?
と怒られているのにもかかわらず、

じゃあ、居ますよ。

と、会話になっていない。

よほどここに居たいのか、または本当に他へ行くことが出来ない理由でもあるのか。
ものすごい執念である。
こういった自己主張しかしない変質者はえてしてプライドが高い。

なんせ


週刊実話にも雇われる

フリーカメラマンである。
それで飯食ってるんだ、という自負があるのであろう。

しかし、相談者が
お金ないの?
と聞いたところ、


写真
・・・。



あれだけ、饒舌(とは少し違うが)に、言い訳(とも少し違う)を並べていたのにもかかわらず、このときばかりは黙り込んでしまった。


よほど、核心をついたのだろう。
しかし、これでも頑として金がないことを認めない。



そんな男がついに法律を盾に噛み付いてきやがった。


つづく



渡邉文男




探偵ファイルのトップへ戻る

前の記事
今月のインデックス
次の記事