●更新日 05/14●

どうしようもない男の生の声


近代稀に見る超粘着系ストーカー男、松●達也:40歳がこう言った。

写真

弁護士にちゃんと話を通してあるから



こういうタイプは何でもかんでも法律を持ち込めば済むと勘違いしている。
しかし、いかんせん生兵法ゆえ

知ったかぶり

でしかない。


それこそ、法律を少し知っている人間であれば、絶対に通用しないハッタリを臆面もなく仕掛けてくる。
その醜態の一部を公開しよう。

松●(以下、松)話し合いで決めようとしているのに、そちらが出て来ないんでしょ。
被害女性(以下、女)何回もいってんのに、あなたが部屋から出て行かないんでしょ?
松 だから、今すぐは無理だって。
女 何で無理なの?
松 逆にね、オレが今すぐ出てかなければいけないんだったら、警察に連れ出されていくでしょ?
BOSS(以下、B) 警察は民事不介入なんで、残念ながら引っ張り出せません。
松 今言ってるのは、警察の事ではなくて、僕にも

居住権というものがあって。

写真



・・・。



本当に大丈夫か?



赤の他人が、他人名義の家に居住権なんぞあるわけなかろうが!
さらには、


B この人は法律を知らないから。
女 そうだね。

 ということで、今出て行くのは無理。



何が、「ということ」だよ。わけわからん。

さらには、

松 話し合いで決まらないなら、もう裁判しかないね。
女 もう何度も話し合ったでしょ?
松 オレは話し合いで出て行くか決めたいんだけど、そっちが聞かないならしょうがないよね。
女 はあ?

松 こっちも主張あるし、そっちも主張あるでしょ?

加えて、

今ここに居ることは何の違法行為でもないし、占有屋って言葉もあるから。

写真

は?


は、腹がよじれる。

これ以上我々を笑わさないでくれ。
お前は債権者でもないし、抵当権なんぞあるわけがない。主張をすることがそもそも勘違いって何故気付かないのか?
よっぽどお前の方が不法占拠だろうが。
占有屋に対して失礼だ。




こんなヤツが裁判するなんて、むしろ




裁判所が迷惑。




後半戦につづく







動画:警察官が部屋に来た直後

音声:被害女性「殺されると思った」 松●「思うのは勝手だけどさ」



渡邉文男




探偵ファイルのトップへ戻る

前の記事
今月のインデックス
次の記事