●更新日 05/19●

ラスト・オブ・どうしようもない男


警察官が大勢来たが、事件でないことを知ると、松●を一瞥して様子を見守ってくれた。


松● ・・・・・・。

今日の23:59までには出るよ。

だから帰って。



なんという屁理屈!いったい何がヤツをここまで粘らせるのか?

もうこうなったら、実力行使しかないのか・・・。


困り果てた我々と警察官はBOSSを呼び出した。



写真


松●、露骨に「イヤなやつが来た」という顔。


写真
BOSS、説得開始。

動画:社会の常識


だが、このアメーバ野郎はそれでも


出て行きますよ、今日に。


と頑なに譲る気配がない。ぜってー出て行かない気満々。

BOSS、説得しながら何か閃いたようだ。
おもむろに財布を取り出し、何枚かの紙幣を取り出す。


BOSS:ほら、レンタカー代。駅前にジャパレンあるだろ?



我々は奇跡をみる。


松:いらないですよぉ。

とりあえず、断ってはいるものの明らかに先ほどとは態度が違う。

BOSS:やるから、とっとけ。





写真

あ、じゃあ、いただきます。


動画:松●陥落



えぇ!?



写真

そして荷物をかたし始めた!

しかも物凄いスピードで!!

今までの長期間に及ぶ粘り、屁理屈、迷言の数々は一体なんだったんだ!?


写真

松●:ごめいわくおかけしました。



一同:・・・・・・。




誇りやプライドは決して金で買えるものではないが



松●のプライドは






3万円より安い。






ー 何というオチ。だが、これも現実。 渡邉文男



劇終






後記

松●に「200万円くれたら出て行ってやる」と騙されてお金を渡した彼女は、もうお金はいらない、と言った。裁判でも何でも、彼の顔を二度と見たくないからだった。


この案件を我々が取り上げたことで、後々に世間から大きなしっぺ返しを受けることを、彼は未だ知らない。







ps動画

駄々っ子松●君は身長180センチ

彼女の狂言か?

フリーカメラマン 松●達也:40歳のお片付け



探偵ファイルのトップへ戻る

前の記事
今月のインデックス
次の記事