●更新日 07/09●

ひどいよカナヤマン1  〜 もう一つの悪事!!


右手にロープ、左手にカメラ


カナヤマンの素性はこれだけではない。

カナヤマンの連載が始まって以来、今日までに500通を越えるメールが私達の元に届いている。
そして、たくさん勇気ある情報提供メールが、私達を奮い立たせ、再び行動を起こすことになった。






Kさんからのメール

金山は2002年8月に(株)エッジを倒産させ、別会社を作った。理由はビデオ製作費や事務費、社員の給料の不払いで、いつも莫大な債務を抱えて、訴えられていた為(多分現在も雪だるま式に増えて収拾がつかない筈)、計画的に倒産させて債務放棄をし、同時期に池袋に(2002年)架空会社を登記し、新会社を興した。これは顧問弁護士であるY田という、親子弁護士の入知恵である。(父親と娘が弁護士)一人オーナー状態、(株)エッジは元は、神田で(株)エッジキャピタルで登記していた。しかし家賃不払い(会社として当然払うべき光熱費、リース代、給料、取引先への支払い等、当然発生し、支払うべき費用を払わず、誰からも訴えられている、そのお金は自分の趣味と実益に使っていたのだと思う)で追い出され、現在営業中のビルは両親の所有である3階建てのビルではなく○○○である。

中略

表向きの経歴とは違って、サラ金への返済、取引業者からの脅迫をいつも受けていて、しかしそれでも全く平気で、そして常に相手に逆切れでした。当時から神経がおかしかった。多数の会社から業務委託料としてピンはね構造を構築したが、当然ほとんど相手にされなくなっていた。マンション (自宅)のローンを不払いしては、銀行にこれまた逆切れをしていた。

中略

表と裏は全く違う。今、違法なサイトで儲けて、生活を維持しているようだが、一歩中へ入ると、債務の取り立てが凄いと思う。哀れである。金山の破廉恥は異常性ゆえ、治る見込みはない。せめてどうか被害者を出さないように頑張ってください。人として、企業を運営する資格はない。社会から退いて、債務の債権者たちの叫びを聞き、地道に返済してゆくべきである。また女性の未来を潰さないで欲しい。女性たちもどうかプライドを持って、清廉潔白に生きて欲しい。








実は少女たちの被害とは別に、増え続けている被害陳述が「探偵ファイル」に続々と送られてきている。それは過去にカナヤマンと仕事した人たちからの、ギャラの未払い、踏み倒しに対する怒りの声である。



写真

名刺



カナヤマンへの怒りのメールから抜粋!!


D社の証言
以前やつの会社からの依頼でアイドルDVD制作しましたが70万の未払い。やつはあちこちに制作協力も依頼して未払いで問屋がつぶれたとか嘘ばかり、数社なかされてます。ましてタレントには雀の涙ほどしか支払いはしない鬼畜です。社員の名で幽霊会社を作り資金調達、その後社員を消すとかは日常茶飯事です。是非、もっと暴露してください


Mさんの証言
今のエッジという会社は、最新のエッジです。直前のエッジは、今はJパブリッシングという会社です。今が何代目のエッジかはわかりません。中小企業の下請けには、ほとんど代金を払わず、トンずらします。(DVDの制作費、コピー代金等)「エッジ」と言う商号だけをズリズリと移動させ、元エッジは抜け殻だけが残ります。裁判で強制執行を勝ち取っても元の会社が抜け殻なので、支払はされません。「法人格否認の定理?」というもので裁判に勝たなくては、いけないらしくこれが難しいらしいです。今でも裁判は何社か続いているようです。



FU社の証言
エッジは悪い噂が多い会社です。実際に金払いが非常に悪く、再三の請求で渋々支払うという会社組織に有るまじきこともありました。ちなみに、この件で弊社はエッジと今後一切の取引をやめました。芸能プロダクションなら当たり前と思われますが背後にヤクザ関係もチラチラ見せてきます。会社自体が非常に怪しかったことは事実です。


B社の証言
金山の会社を一言で表現するといわいる悪徳業者です。弊社だけではなく、広告会社・印刷会社・芸能プロダクションとのトラブルはあとを絶ちません。また、弊社に限っては法人企業に比べ、個人事務所の為に特に見下されてきました。現在、弊社は行政書士等に相談し、トラブルの解決を考えておりますがあまりに良い加減な会社の為に、なかなか解決手段が見つかりません。


S氏の証言
私はフリーで映像編集エンジニアをやっております。カナヤマンの現場も行った事があります。その時はうさん臭かったので、私の方からモデルに免許証(年齢確認)の提示を求めました。(だからオイラはシロ♪)ふらふらとやって来た「男優役」のクズ連中や性器みたいだけの「ロケ地提供者」(そう、スタジオ代ケチったんですね)どいつもこいつも「ゴミ以下」でした。。。しかも!!その時の現場代、編集代、まだ貰っていません。逮捕の前に一度会いたくて、再三電話をしているのですが、なしのつぶてです。どーしたもんでしょうか。


I社の証言
金山氏追及の件頑張ってください。当社の経緯をお送りします。本当にあっちこっち巧みにうごいて詐欺が本業のお仕事のごとく動いているのではと思うほどです。当社は、少しながら、業界流通に友人がおり、これでも優遇処置のようです。ただ、金山氏との話しあいは、こちらが怒れば対応として怒り出しやれるもんならやってみろ状態で気持ち的に「こんなやつにかまってないで商売しよ」と思わせる人です。企業として300万ぐらいは泣き寝入る額をめどに動いている形跡もあり、K社も300万ほどの債権があります。これは(株)エッジとの契約なので、動きようはあるのですが、告訴手続中に小額入金があり動けなくなっています。当社関係先では、あと、Sさんが今年始めのお仕事で50万、現在もめています。Fさんは、出荷ミスにいちゃもんつけて相殺させたようです。現在 エッジの取引先であるOさんから借りて小額回収状態です。ただ、Oさんとの取引が終わる為、今後は期待できません。当社としては、エッジの業界でもポジショニングを取り崩す事と金山氏をこのままのさばらしたくない気持ちで返信いたしました。





たぶんこれらのメールは氷山の一角で、他にも多数被害に遭っている人がいるだろう。

そして、私達が再度行動を起こすきっかけとなった、もう一通のメールとは







Tさんからのメール

Tです。金山氏からこんなメールきましたよ。


ご無沙汰してます。。
正式には改めてご案内いたしますが、7月より、株式会社エッジは社名が「株式会社カムイ」と変わり、経営陣も変わります。
新社長は岸田、新役員に福本、野島が就任します。
今後、新経営陣の下で、グラビアDVDや写真集ではより積極的に展開していき業界1位を目指します。
また、音楽などの他ジャンルのDVDにも積極的に取り組んでいくことになります。

私、金山は引き続き、エッジ(カムイ)の親会社のJパブリッシング株式会社の取締役会長兼CEOとして、
グループ全体の経営を見ることと、親会社で映画、音楽、アパレル事業や新規事業の経営に専念することになります。
また、株式公開準備も忙しくなってきます。
そのため、今までのようにエッジのグラビア事業にあまり時間を割くことができなくなりました。

岸田新社長、福本、野島両新取締役の下でエッジ(カムイ)は今まで以上の成長を果たしていく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
株式会社 エッジ
会長兼CEO 金山 昇一(Shoichi Kanayama)
〒131-0045 東京都墨田区押上1-41-7
TEL 03-5819-3577
FAX 03-5819-3576
URL http://www.edge.gr.jp/direct/


2通目

7月1日よりメールアドレス、URLが以下のように変更になります。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
金山 昇一(Shoichi Kanayama)
株式会社カムイ
〒131-0045 東京都墨田区押上1-41-7
TEL 03-5819-3577
FAX 03-5819-3576
http://www.e-kamui.com





どうやら、カナヤマンは懲りずにまた同じような手口で生き延びようとしているようです。
Kさんが言うように、もうこれ以上被害者を出すわけにはいきません。




そこで、




カナヤマン被害者の会結成!



女の子の陵辱だけではなかった!!

写真
騙されて顔や身体を世間に公開され、本番写真や動画をネットで売られた女の子達の未来は?
カナヤマン動画サンプル



私達は既にカナヤマンの悪徳経営の全貌を知る人と接触出来ております。





渡邉文男 特捜隊






資料:金山昇一氏の会社情報はこちら



探偵ファイルのトップへ戻る

前の記事
今月のインデックス
次の記事