●更新日 02/28●

カナヤマンビル空室あります


2月20日、金山に判決が下り、オーナーがいなくなった「カムイ」(旧エッジ)
現社長(名義だけの)や社員達はどうしているんだろうか? 
同社へ電話してみた。
すると・・・
当社は2月10日をもって閉鎖致しました。
という留守電の声。
次にHPを見ると、“サーバーが見つかりません”

裁判で「現在でも関連会社の役員だ」と供述し、会社との関わりが今でもある事をほのめかしていた金山。おそらく執行猶予がつくとタカをくくり、釈放後に復帰しようと考えていたのだろう。 しかし・・・

写真

そんな金山の甘い予想を大きく裏切り、執行猶予なしの実刑判決。
初犯で実刑2年は

殺人未遂に匹敵する。(弁護士談)

裁判官は金山に対し、少女の命を奪おうとしたのと同じ、と断罪したのだ。よって、主を失った会社は当然のごとく人気がなく、ドアにあったカムイのロゴも無い。入り口には張り紙が一枚きり。

都合により無期休業・事務所閉鎖致しました。

写真

閉鎖とは言え、法人をそう簡単にたためるはずがない。負債の処理。売上金をすべて私物化し、会社には運営資金すら渡していなかった金山昇一。負債を清算して 清算登記→閉鎖登記を行うが、名義だけとは言え、現社長以下、役員達の責務には違いないのだ。ここにも、彼が犯した罪による“余波”が押し寄せ る。

社員たちを失業させ、路頭に迷わせた罪も消えない。



渡邉文男と特捜班   約1600通の応援メールありがとうございました。


探偵ファイルのトップへ戻る

前の記事
今月のインデックス
次の記事