●更新日 07/13●
このエントリーをはてなブックマークに追加











与沢マンと一緒に億万長者
   渡邉文男









彼は、ある特異な層にとって、絶大なるヒーローだ。
ターゲティングがしっかりしている。その他の層は眼中にない。


先週から精力的に彼を知る人と会っている。今週も、元社員やお金を返してもらえない人たちとたくさん会う。全国どこでも行きます。情報はこちらに。
昨夜も与沢マンをよく知る人に会いに行った。仮にY氏としよう。Y氏には「スパイ日記に顔を出しても構わない、むしろ出してほしい!」と強く言われた。が…





与沢マンの商品資料


昨日、Y氏からもらった与沢マンの商品いろいろ。振り込み記録も見せてもらった。何百万も与沢マンに振り込んでいる。
私は答えた。顔出しはあと一か月我慢して、と。今、攻撃を受けるマトは私一人で十分。



私は、分かった!!
与沢マンは



億万長者の「空気」を売っている



みんな、億万長者になりたい。一千万じゃだめ。
だから、ヨザワホールディングスの下にいっぱい会社がある。
彼が直接やっている会社もあるし、部下や知り合いがやっている会社もある。
どの商材も帰結する目的はすべて同じ。「億万長者になる」だ。
上の画像はひとつの商材。110〜120万円払った人はたくさんいる。返金を求めても「それはあなたが実践しなかったからだ。」と最初は応じない。
おい、ちょっと待てと。
例えばの話で恐縮だが、英会話教材を買って、それが自分に合わなかったら、全額返金は当たり前。使えないものを我慢して持っている必要がない。
それを、いろいろ難癖つけて返金しない商売がまかり通るとでも?
返金してもらいたい人がいれば、自分が住んでいる地方裁判所に告訴できる。民事なので100%受け付けてくれる。何よりも消費者庁が味方だ。
だから、私の前記事が出た時、与沢マンはかなり慌てた。小さなほころびが、ただのほころびでは済まなくなるからだ。





与沢記事



彼が「演出」にこだわる理由。


ゼロからの復活劇


「ほら、やってみせただろう?」
「乞食になったって億は稼げるんだぞ。」

400万円の家賃、運転手付きの高級ベンツ、ウブロの時計をはめている男の演出劇。
もう見たくないから勘弁して。







このエントリーをはてなブックマークに追加


探偵ファイルのTOPへ戻る