●更新日 12/10●
このエントリーをはてなブックマークに追加











与沢翼氏を真面目に調べたら  〜BOZZ










【調査結果】



廃棄業者が2014年9月25日、与沢翼氏からの依頼で、事務所の同氏の書籍やDVD類を回収。



●破棄物総量
事前打ち合わせの話ではトラック2台ほどと見込んでいたが、結果はトラック3台分。
総量2トントラック1台+2トンロングトラック2台。



駐車料金の領収証

当日のトラック3台の駐車料金。



●騙す

廃棄時、石井某と言う若い男性が留守番をしていた。現金でもらえるものと思っていたら、石井某に「支払いは今日、銀行振込で。」と言われた。ところが入金が無いため、翌日の9月26日に請求書を新宿の住所に郵送。
振込はおろか音沙汰も一切なし。
電話は繋がらない。
メールはサーバーエラーで届かない。
11月24日に、移転先と聞いていた品川区の住所に請求書を再送付するも、宛名不明で戻ってきた。



●破棄物

書籍だけで1トン超。DVDだけで1.6トン超。大量の名刺(多かったのはメディア関係者、企業、占い師など)
与沢翼氏のDVDが大量にあり、種類も非常に多かった。2トントラック1台がまるまる埋まった。
尚、書籍の例として、「ネオヒルズ・ジャパン 与沢翼責任編集長」や



ネオヒルズ・ジャパン


「『お金持ちになる彼』を見つけて、育てました。」  山田るり子


お金持ちになる彼を見つけて、育てました。


など。
なぜか「持っていかないでそのままにしてくれ。」という書籍も大量にあった。


残されていた書籍



これが段ボール6箱など。どうして破棄しなかったのか理由は分からない。



●当日の事務所の様子。



当日の事務所



●廃棄業者が出した請求書。「あて所に尋ねあたりません。」



戻ってきた請求書



●現時点でオールオブミーは西新宿に登記のまま。



登記内容




今日は探偵という仕事を与沢翼氏らに知ってもらうため、このような構成とした。
あなたはこの記事を見て、また慌てて廃棄業者に支払いをすると思う。
バレたものだけ払えばいい。
最後に。
先日、あなたはシンガポールの就労ビザを取って出国したと自身のブログに書いたが、それを



私の業界で「夜逃げ」と言う。



最近はネットが普及したせいで近くにいる感じがして、夜逃げしたと思われない。
日本国籍を残すけれども日本では非居住者となった。これが何を意味するのか、それはあなたが一番よく知っている。
前期の収入で所得税を払うのが日本国民だが、あなたはどうするのか。
あなたの信者は多い。
でも、書籍やDVDが売れて食べているという言葉を信じている人たちにとって、今日の記事はショックだろう。
自腹で本を出版社から買い取っていると言えない商売の仕方が、あなたの最大の弱点だ。





BOZZ  (渡邉文男)






このエントリーをはてなブックマークに追加


探偵ファイルのTOPへ戻る