●更新日 08/03●


家電量販店で恫喝行為を繰り返すキャラ弁ブログ夫婦


家電量販店で恫喝行為を繰り返し、その様子をブログで自慢する夫婦が存在する。

問題視されているのは、「こゆママ」と名乗る人物の「毎日のキャラ弁」というブログである。2010年7月11日の更新によると、ケーズデンキでデジカメを購入した夫が、そのままの価格で扇風機を2台つけるよう、店員に要求をしたという。新人店員では埒が明かないとのことで、以前に同様の行為に及んだ時に接客した店員を呼びつけたようだ。

夫は店員の腹をつまみ、肩を抱き寄せて説得したという。「結局デジカメの店頭価格に少し上乗せ(旦那の希望金額)した金額に デジカメにデジカメケース 液晶保護フィルム メモリカード(4GB) 扇風機2台 これを全部つけてくれました 大ジョブですかね…あなたのお首は…」と書いている。そして、この店員を「可愛がってあげてください 首が飛ぶまで安くしてくれますから」と、読者に同様の行為を促している。

家電量販店で恫喝行為を繰り返すキャラ弁ブログ夫婦

家電量販店で恫喝行為を繰り返すキャラ弁ブログ夫婦

過去に店員を恫喝した時のことについては、6月26日の更新に以下のように記されている。「電機屋さんのお兄さんの 鼻はつまむし 腹はつまむし… 冷蔵庫、散々値切っといて その金額のまま 扇風機を2台付けろと言う始末 他にも細々したものまでいただいて 旦那ご満悦」。また、5月18日と20日の更新では、公園に咲いている花を盗んできたと自慢し、現地の様子の画像も掲載していた。

家電量販店で恫喝行為を繰り返すキャラ弁ブログ夫婦

ブログやツイッターには、夫妻の顔や氏名をはじめ、各種の情報が発見され、話題になった。2010年8月2日、当サイトでは株式会社ケーズホールディングスに取材を申し込んだ。広報担当者によると、本件に関しては初耳だったという。同社では、騒動が起きた店舗や経緯、ブログに名字が書かれていた店員について、これから調査するとのことだった。

家電量販店で恫喝行為を繰り返すキャラ弁ブログ夫婦

また、当サイトでは、都内の複数の家電量販店に客を装って記者が入店。接客してくれた店員らに、本件について話を出し、今回のような場合の対応方法を尋ねてみた。その結果、回答内容に大差は見られなかった。常識の範囲外と思われる対応を迫られた場合には、売り場の責任者にその場で相談し、検討することが一般的なようである。

ところが、本件では、そのような対応がなされたようには見えない。しかも、同じ店員が繰り返し標的になっている。恫喝行為に最大の問題があることは言うまでもないが、事態を放置し続けた店側にも不備があったように思える。




探偵T



◇上記のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!


探偵ファイルのトップへ戻る

before
前の記事
●
今月のインデックス
●
次の記事
next