嘘つきのインチキはいつか必ず白日のもとに晒される


この漫画はフィクションです。

 

雄南 オナン