電話番号をタップしたら最後!架空請求詐欺にひっかかる!!その全貌とは


その時、「津崎さん(仮名)」は上機嫌だった。
好意を抱いている事務員の「みくりさん(仮名)」とのラインを終えた時、メールの着信音が。

「ご視聴料金の未納が発生しております。本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行します。カスタマーセンター 03-6912-****

真面目だけが取り柄の不器用な45才独身サラリーマンの津崎さん。
何のことだ? まさかあの時…? 払えば済む…?
何度か自問自答を繰り返したあげく、上機嫌の勢いで03-6912-**** をタップ。

「アースネット(株) カスタマーセンター 山崎です。ご連絡ありがとうございます。
まず、お名前をフルネームでお願いします」。
氏名を聞かれ、未納金額7万円を支払えとの事。
何度か電話でやり取りをし、郵便局から現金書留で送る様に指示された。
宛先は「二子玉川郵便局留め 土屋百合(仮名)」。
差出人住所は「東京都港区東麻布1-25 富山ビル2Fカスタマーセンター」。

送金を終え、これで済んだと思った津崎さん。
安心もつかの間、送金後も毎日、毎晩、電話が鳴る。
担当者も山崎から青木、金田、と入れ替わり立ち替わり電話がくる。
「法的手続きを止めるには別途5万円かかりますが、秋葉原に来てもらえれば無料で止める手続きが出来ます」との事。

数日後、休暇を取った津崎さんが秋葉原に行くと、電話で次々と指示が・・・
「神田神保町駅へ行って下さい」
      ⇓
「小川町郵便局へ行って下さい」
      ⇓
「小川町郵便局留めの自分宛ての現金書留を(身分証明書を見せて)受け取って下さい」
      ⇓
「その先の小川広場の入口に紙袋を持って立っている男がいます。その紙袋の中に、受け取った現金書留を入れて下さい」

真面目だけが取り柄の津崎さんは、上機嫌の勢いで詐欺メールの電話番号をタップしたが最後、7万円を払わされた上、詐欺の受け取り役として片棒を担ぐ羽目になってしまった。

津崎さんが受け取った現金書留の差出人の住所は、自らが送った時と同じ
「東京都港区東麻布1-25 富山ビル2Fカスタマーセンター」だった。

実際、港区東麻布1-25には4つのビルが建っているが、富山ビルはない。

よく似た名前だが富田ビルは存在している。

その富田ビル2階は、全く無関係なボクシングジムだった。

架空請求詐欺事件では、個人情報がどこまで掌握されたかによって、その後も執拗に狙われて被害が拡大する事例が報告されている。

架空請求詐欺にひっかからない為には、不用意にメールの電話番号をタップしない。
もしタップしてしまったら、逃げる(電話を切り、以後は着信拒否、最後は番号を変えることも)。
まさに 「 逃げるは恥だが役に立つ 」。

ガルエージェンシー西神奈川 代表・樋口 恵里
前職はブライダル等のコンサルタント業。困難な状況下での情報収集に非凡な能力を発揮し、高品質の調査報告書は有効な裁判資料として弁護士からの信頼も厚い。日々ご依頼者様の心のケアに心血を注ぎ、良き相談相手でありたいと努めている。