情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

傷だらけの天使に菊の花を

BOZZです。
ショーケンが逝きました。この10年で一番寂しい芸能人の死です。
私が中2の時、「傷だらけの天使」がテレビでやっていました。

内容は、悪徳探偵社の調査員のショーケンと水谷豊が強欲な女社長にいいようにこき使われてヤクザや権力者に立ち向かってはしばき倒されるというものでした。よくあるスカッと系ではなく、社会の理不尽さをテーマにした後味が悪いドラマでした。
当時としては変わり種過ぎて視聴率も最終回を除いてはそんなに高くなかった記憶があります。際どいシーンが多く一般の家庭が見ないドラマですから評判が悪くて当然ですが。


 

 

 


これを、中2の私が見たんです。自分でお金を稼いでアパートを借りていたから見れたのです。なので同級生は違う番組を見ていました(笑)。政治家や弁護士になろうと思っていたのですが、この番組のおかげで探偵に興味を持ちました。大藪晴彦氏の探偵シリーズを読み始めたのも同じ頃です。
うろ覚えですが、子供を助けたり、探したりする話が多くありました。母の無い子に〇〇を、というタイトルも確かありました。何話か涙した記憶があります。
ショーケンについてはグループサウンズ時代は知らないですし、90%この番組の中のオサムちゃんのイメージで、太陽にほえろやその他の番組の印象が残りの10%です。この番組がいかに強烈だったか。
ですから、私にとってはショーケンではなくオサムちゃんに黙祷なのです。彼が情けない探偵を演じてくれたおかげで、今の私があるのかも知れません。

 

 

 

BOZZ

 

 

スパイ日記
探偵ファイル
タイトルとURLをコピーしました