情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

有名人プロデュースの白髪対策シャンプー、解約手続きに疑問の声!

レイザーラモンHGの妻でタレントの住谷杏奈がプロデュースする「クレムドアン・ブラッククリームシャンプー」の定期購入を解約しようとしてトラブルが発生したという情報が、当サイトに寄せられた。ヘアカラー(白髪染め)の効果を長持ちさせて、髪や頭皮のケアもできるという商品だ。

 

 

情報提供者の姉は昨秋に定期購入を開始したが、効果を感じられないどころか髪が傷み、抜け毛も増えたという。解約するために発売元に何度も電話をかけてもつながらず、2月末にようやく担当者と話すことができた。ところが、電話では解約を受け付けておらず、LINEで手続きするように指示された。

 

 

3月2日、解約手続き完了の通知が届いた。だが、次回分は既に配送の準備に入っているので、受け取ってほしいというのだ。次々回分、つまり4月分から解約になるという。髪や頭皮に異常が出たと伝えたにもかかわらず、当月分の解約にその場で応じてもらえなかったことに納得しがたかったと、情報提供者は述べる。

 

 

 

また、解約の場合は「次回お届けの2週間前までにお電話にてご連絡ください」と、簡単な手続きで済むかのような記載が公式サイトの各所にあるが、実際にはLINEの使用が必要であることにも疑問を抱いたという。なお、「特定商取引に関する法律に基づく表記」のページ等には、電話による音声ガイダンスに従ってLINEでの解約が必須と書かれている。

本件を複数の消費者相談窓口に尋ねたところ、その多くが「解約を申請する前に病院を受診し、診断書を出してもらうべきだった」と回答した。契約条件を無視して強引に解約を迫る消費者もいるので、正当な理由やその証拠がなければ例外的な対応はとらない企業も多いようだ。ただし、診断書を提出したからといって、即座に解約が成立するとは限らない。

自力で解決しがたい問題の場合、行動を起こす前に、まずは専門家に相談するというのが基本と言えそうだ。

 

高橋 

タイトルとURLをコピーしました