情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

俺を殺そうとしたオオスミ

探偵ファイル的箱根駅伝VOL1


本当に上り坂を5キロ走った。しかも、オモリを6kg背負わされて。
インフルエンザで熱が38度。呼吸するたびに火の粉を吸い込むような激痛が肺に走る。
オオスミが「BOSS、途中でオモリを捨てたでしょ?」と疑っていたが、黙殺。


テレビで見るより何倍も坂がキツイ

スタートしてすぐに棄権しよっと思ったが、管理人の名にかけてヘタレを世間に晒すわけにはいかなかった。
気力の二文字だけで完走!! しかも、中継地点まではハンデが一番軽いオオスミに僅差の2位だ。
「地獄の給水ポイント」でキムチ5キロと梅干し3キロを喰らわずに済んだ。よかったぁあぁ  うぅぅぅぅう



リタイヤして文句なしのキムチ三昧  山木         梅干しのフルコース キム

キムチを吐きまくり、失神した山木(マジで) このため、後半の5キロはお流れに。
したがって、なぜか100メートルダッシュで決着をつけるハメになった。

リスタートで突然、オオスミが前を行く私につかみかかった!!






凍結した道路をゴール地点まで転がる二人




全治二週間のケガを負う



おまけに







氷の芦ノ湖へ突き落とされる





心臓急停止






二人から引き上げられ







また突き落とされる





ぐちゃぐちゃ




鼻水>激撮されて悔しい



ーつづくー

タイトルとURLをコピーしました