情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

【千葉県市議】GWステイホーム期間中の沖縄旅行

先日期間延長された新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言とまん延防止等重点措置。GW中は一都三県の共同メッセージで「一都三県から出ないで!」と呼びかけられた中、我慢できない!ストレスがたまる!緊急事態?そんなの関係ない!」GW10日間にわたり旅行をしていた千葉県市川市の市議がいると情報提供がありました。
さらに詳細情報を確認すると、

・「ステイホーム?ストレスがたまるし、我慢できない!」と支援者へ発言
・4/28~5/7沖縄県石垣島・竹富島・波照間島・与那国島へ行った
・支援者へ「ナイショだけどGWに沖縄に来ています」と写真付きでメールを送る
・自身が濃厚接触者になり自宅待機時「コロナになっても病院へ行かず、公表もしない」と発言
・待機中「陰性だった」とし、インターネットカフェ、飲食店へ行き市民から非難された

という内容と共に沖縄旅行中の写真も提供頂きました。
撮影時の情報を確認すると確かに、撮影日はGWになっています。
4/28~5/5まで沖縄にいた様子。

 

市議のTwitterでは4/28に初回まん防期間5/11まで、野外政治活動を自粛するとツイートがありました。野外政治活動の必要・安全性等を訴えコロナ禍でも活動を中止することはなかった市議ですが、今回は旅行のために少しお休みしたというところでしょうか。

この旅行について話を聞いた情報提供者のご友人(沖縄在住)は、「これは、とても頭にきています。看護師の友人は、もし仕事中にコロナ感染して家族にうつしてしまったら…と毎日心配している」
とおっしゃっていたそうです。

千葉県では、感染拡大防止の為重点措置区域として市川市を指定し、不要不急の外出自粛、県を跨ぐ移動は避けるよう呼びかけ対策を講じています。
その中での市議会議員の旅行は見過ごすことのできない問題だと思いますが、市議会事務局からは「事務局では議員の外での活動については把握、調査をしない。特に問い合わせ先はないので、本人に確認してもらうしかない」とのこと。また、本人からの回答もありませんでした。
しかし、市民が許容できないこの問題には早急に本人からの釈明が必要ではないでしょうか。

 

ガルエージェンシー東京本部 探偵こだま
ご依頼者様に寄り添ったベストな解決法をご提案させていただきます。心の傷や不安を取り除き、お役に立てるよう親切丁寧に対応を心がけています。(0120-0783-50>>ガルエージェンシー東京本部の過去記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました