情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

煙草が1000円に

自民党の受動喫煙防止議員連盟会長の山東昭子元参院副議長は25日、首相官邸で菅義偉官房長官と会い、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止対策として、たばこ税の増税により、たばこ1箱の価格を1000円以上に引き上げるよう申し入れた。菅氏は増税の是非には言及しなかったが、「五輪もあり、いいタイミングだ」と応じ、受動喫煙防止のための法整備を急ぐ考えを示した。 [時事通信社]

 

 

とうとうひと箱1000円超えになる日が見えてきた。外国に行けば日本の2~3倍が相場なのでいたしかたない。
喫煙者も値上がりしたからといってやめる必要は無い。どんどん吸って納税しようではないか。いっぷくの旨さは私もよく知っている。だからやめようなんて思わないほうがいい。苦しい思いをしたのに禁煙に失敗したら自分に自信も無くなるし、結果的に吸う本数も増えるので踏んだり蹴ったりだ。
一番ダメなのは値上がりした分、出費を押さえようとして一日の本数を減らすこと。ニコチンは吸わないとイライラする。それに逆らって本数を減らせばイライラの時間が増えてしまうのだ。意味もなく不機嫌になったり終いには脳の病気になる。このように煙草を吸っている時より周囲に迷惑をかけてしまう。それでは元も子もないだろう?
お金に余裕が無い人は食費を削ってでも煙草の本数を増やすか、所得を増やすために頑張って働くかだ。それが出来てこそ本物。胸を張って依存症の自分を褒めてあげよう。周囲の冷たい目など糞喰らえだ!

 

 

喫煙者を心から応援するBOZZ 禁煙して7年

スパイ日記
探偵ファイル
タイトルとURLをコピーしました