●更新日 10/29●

痴漢撲滅シリーズスタート!


メディアで取り上げるもの。それはイラク人質事件などの派手な事件。
メディアが決して振り向かない日常。探偵ファイルがもっとも注視すべきもの。
なかでも、女性が避けて通れない禍は、痴漢やストーカー事件。
毎日、それこそ何千、何万という女性が被害に遭っている。

我々は予告どおり痴漢専従の調査班を稼動した。
昨日、痴漢で有名な埼京線の最後尾にて痴漢(A/B)を現行犯で確認。
以下、事件のあらまし。







痴漢A、乗り込んだ直後より、スカートを捲り上げ傘の先で女の子(調査隊の協力者)の下着を突く。
女の子は傘を払ったが、Aは太腿部を執拗に攻撃し、擦り傷を負わせる。




傘をダミーにして下着のラインをまさぐる痴漢。




別の痴漢Bが乗車直後より、痴漢Aと共にスカートを捲る。
女の子がAにつけられた傷を見ている時に、Bは大腿部に手を伸ばして傷に触る。





その後、調査員が向きを変えたので背部に密着、持っていた鞄を右手に持ち替え、左手をスカートの中に入れ下着のラインに沿って撫でた後、下着内に手を入れようとした。





女の子が手を掴みながら振り向き、別の調査隊員がその手を捕らえる。






痴漢A







痴漢B






「警察に突き出されても否認をし続ける。」それが彼ら痴漢の掟。
Bが弁護士を使って訴えると脅してきたらしいが、私はいくらでも受けて立つ。
※ 暗闇でも正確に録画できる調査機器を使用したので言い逃れは不可能。


このコーナーは痴漢が集うサイトや掲示板で話題になるだろう。巨大痴漢サイト(4700万アクセス!)もあるぐらいだ。猫殺しディルレヴァンガー事件の時のように、探偵ファイルは大きな脅威に晒されるだろう。だが痴漢諸君、私は何があっても一歩も退かないからそのつもりで。




渡邉文男



探偵ファイルのトップへ戻る