セブン-イレブン、店員が食べかけのケーキを客に販売したことが発覚!


セブン-イレブンにて、店員が食べかけのケーキを客に販売していたことが、当サイトの取材で発覚した。発端は、本件の被害者から情報が寄せられたことだった。昨年12月24日の夜、被害者は東京都江東区のダイバーシティ東京プラザ店でクリスマスケーキを購入した。開封したら、食べかけのものが入っていたという。

 

 

 

 

店に連絡したところ、代わりのケーキを届けるというので、被害者は住所や氏名を伝えた。まもなく、店長、販売した店員、地区担当責任者が被害者宅を訪れた。店側はケーキの交換と共に返金を申し出たが、被害者は拒み、「必ず原因を究明してほしい」と要請した。それに対し、週末のため26日まで対応できないと店側は主張した。

 

 

そこで被害者は、25日に本部(本社)の「お客様相談室」に連絡した。その結果、この時点までに、本部と店との間で本件に関する情報が共有されていなかったことが判明。応対した社員は、確認をとることを約束した。その後、調査を行う旨の連絡を被害者は改めて受けた。

26日の朝、原因が判明したとの通知があり、被害者は店へ向かった。店員の一人が、食べかけのケーキを箱に入れて、冷蔵庫にしまっておいたという。その箱の中身を確認しないで、店長が店頭に出してしまったというのだ。

 

 

被害者は、セブン-イレブン側の対応の遅れや不備等に納得しがたかった。そのことを伝えると、「これが本部の対応です」と言われたという。また、本件を「報道各社に言いたければ、どうぞ言ってください、気持ちが晴れるのであれば」といった発言もあったそうだ。

当サイトでは、当該の店に話を聞いた。店長によると、食べかけのケーキを誤って販売してしまったことは事実であるという。本件は、未だ解決に至っていないそうだ。現在は、店を介してではなく、本部と被害者との間でのやりとりを中心に、対応が進められているとのことだった。

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋