セブン-イレブン、新たな「罰金」問題が発覚!サービス残業も強要か


セブン-イレブンでバイト店員が不当な「ペナルティ」を課されたという情報が、先日にTwitterに出回った。このたび、セブン-イレブンの店舗に社員として勤務する人物が、自身の勤務先でも2月から罰金が科されることになったと暴露した。発端は、2017年2月1日の以下のツイートである。

「今日からうちのセブンは1時間遅刻すると6000円払わされる罰金制になりました」。そして、その告知を撮影した画像を公開。遅刻する店員が多いため、罰金制の導入が決まったらしいが、店長らは先日の騒動を知らないのではないかという。罰金制の導入はやめるべきだと店長に伝え、それでも無理ならば本部に連絡すると、社員は記した。

従来も、商品をレジ袋に入れ忘れて客に渡し損ねたままになったら、担当した店員がその商品を買い取ることになっていたそうだ。お釣りの金額を間違えて、客に余分に渡してしまった場合には、その差額は店員が自腹で店に払っているとのこと。過去には、9000円を自身が負担したこともあるという。このような場合は「店で負担してほしい」と、社員は主張する。

これまでは、「罰ゲーム制」が採用されていたという。草むしりや雪かきが中心で、シフト時間外に雑用を命じられることもあったそうだ。1月中旬には、5分の遅刻に対して「外の氷砕け」と4時間の作業を指示され、「仕事辞めるわんなモン」と社員は不満を表明した。しかも、罰ゲームを実際にやらされるのは、夕方の時間帯に勤務する店員ばかりだという。

さらに、バイトの店員もサービス残業をさせられていると、社員は暴露していた。その他、店員1人につきケーキ1点、恵方巻き3点を予約するように要請されているそうだ。断ろうとすると、「面接の時予約活動に協力するって言ったよね?」と言われるが、面接時にそのような話が出た記憶はないという。

 

やがて、罰金制の導入の告知を撮影した画像のあるツイートは削除された。それに続いて、社員のアカウントは非公開になった。当サイトが過去のツイートを確認したところ、社員の氏名や在住地域に関する情報があった。また、店の外観や内装、周囲の建物等が写っている画像も見つかった。それらに基づいて調査した結果、店を特定することに成功。

2月2日、店に連絡を取った。店では、本件に関して全く把握していなかったという。店長やオーナーは不在だったが、当該の社員がその店に実際に勤務していることを確認できた。そこで、騒動の概要や経緯、主要な論点等を説明した。当サイトからの情報を店に報告して詳細を調べると、応対した店員は述べた。

[追記:2017年2月2日]
株式会社セブン&アイ・ホールディングスにも本件を尋ねた。同社では既に詳細を把握していると、広報の担当者は述べた。罰金の件だけでなく、過去のツイート内容等も確認できている模様だ。現在、社内で事実関係の調査が進められているという。

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋 


SNSでもご購読できます。