コンビニ喫煙者に鎮魂歌を


キョードー= セブンイレブン・ジャパンが東京都内のフランチャイズ加盟店に対し、店頭にある灰皿の撤去を要請していることが1日、分かった。実際に撤去するかは各加盟店の判断によるが、撤去する場合は3日から順次、店頭で撤去時期などの告知が掲出される。来店客や近隣住民から苦情が増えているため、受動喫煙対策として対応に乗り出した。加盟店のオーナーには事前に説明した。6月に東京都議会で受動喫煙防止条例が成立して以降、店頭の灰皿撤去を求める声が増えていたという。マンションの1階にある店舗で、上階の住民から苦情が寄せられた例もあった。

これを読んで、私が梅田事務所1Fのセブンイレブンと交渉して灰皿を撤去してもらった記事を懐かしく思った。店主が喫煙者だったので相当の抵抗を受けた(笑)。でも、常時15人くらいがビルの入り口で喫煙している写真を何点か提示して、この証拠を元に弁護士を…と話すとさすがにあきらめてくれた。
なのでケムリで迷惑している人は全然我慢しなくていい。スマホで画像を撮影してしかるべき法的措置を取ればOKだ。
元々、コンビニの灰皿は喫煙者がタバコを消して店内に入るために設置されたものであり、店の前でタバコを吸うために設置されたものでは無い。

 

 

BOZZ