情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

心愛ちゃんに性的暴行と発表

BOZZです。たくさんの激励メールありがとうございます。本日のテレビ、新聞等の報道で「どうして心愛ちゃんに性的な虐待があったと知っていたのですか?」というメールがたくさんありました。

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、心愛さんが県柏児童相談所に一時保護されていた際に、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=に下着を下ろされたなどと訴えていたことがわかった。性的虐待の疑いがあると医師が診断したものの、約2週間後に柏児相は保護を解除していた。寝ている時に起こされて手で口と鼻をふさがれ、「息ができなくて死ぬかと思った」「朝起きたら唇が腫れていてマスクをして学校に行った」などと身体的な虐待も訴えた。母親がいない時や就寝中に、こうした被害に遭っていたという。(朝日新聞)

私の推理としては、元々性的虐待があり、心愛ちゃんが死亡したのも性的暴行による精神性ショック死ではないかと睨んだからです。襲って騒がれたので口封じのために窒息死させた、または冷水をかけ続けて衰弱させた、いわゆる「明らかな殺意」の可能性もありますが、私は直接的な性交渉によって心臓が止まってしまったのではないかと。

勇一郎容疑者は「色情狂」です。言動を分析したところ、心愛ちゃんに愛されていると信じて、その信念を核として妄想世界の中に生きています。
色情狂にはプライマリ(純粋)とセカンダリ(精神障害)の2つがあり、勇一郎容疑者はセカンダリ、つまり妄想障害による統合失調症だと思います。自分は娘に愛されているという妄想による発言が数多く見られ、心愛ちゃんの訴えをすべて認めていません。自分が嘘をついているという自覚はなく、妄想の世界に生きていますから誰の否定も受け付けないのです。実の娘との性交渉も色情狂の勇一郎容疑者にとっては当然のことです。最後には誰もが首をかしげる結末を迎えてしまいます。愛されているという病的な確信が妄想に違いないのは、その愛の在り方が常識外れで、常人ではとても理解の範疇に無いからです。
心愛ちゃんに対する狂った愛情は、いったん発現すると強制力を持つようになり、生活そのものを支配し、妄想を伴う固定概念へと発展していきます。
ファンタジーの接触から実際の接触へ発展していく。児童虐待にはこのようなケースも多く含まれることを見逃してはいけません。世の中の色情狂は明らかに増殖しています。怖いのは「2人の仲は不滅の愛と言う形で成就する」と確信していることです。心愛ちゃんのような犠牲は増えることはあっても決して減ることは無いのです。

 

 

 

黙祷。

 

 

 

 


 

2019.2.12の誓い

 

親の前に正真正銘の変態野郎でした。
自分の子に性的欲求をぶつけていたのです。
私たち探偵は、それを阻止できるスキルがあります
同時にこの活動を広げるため、募金にご協力を頂きたいと思います。
必ず児童虐待対策のための行動経費に使います。100%です。
私たちが聞き込みに行き犯人と接触すれば、止まる虐待があります。

 

募金窓口です。よろしくお願いいたします。

 

ゆうちょ銀行 
記号 10110
番号 86006601

店番 018
店名 〇一八店(ゼロイチハチ店)
普通 8600660
ガルエージェンシー株式会社

 

 

 

スパイ日記
探偵ファイル
タイトルとURLをコピーしました