中国のチカラをパチモンで痛感する



こんなバカな実験をするのは私しかいないだろう。
中国のパチモンは製造工場から横流し(盗品)でメーカーを通していないだけの本物が多いと聞く。これが本当かどうか、ゴルフのクラブで検証してみた。

 

 





PXG(偽物)のアイアンセット。本物なら定価50万円だ。ネットオークションでたった3万円で落札できる。
これを本物だと思って買っている人が大勢いる。取引後のコメントに「ひどい!騙されました。真っ赤な偽物です!みなさん、騙されませんように!!」と書き込んでいる。私はアホですと宣伝しているようなものだ。そんなに安いわけなかろうが!

さっそく落札してみる。日本の会社を装っていたが、品物の送り状はまんま中国だ(笑)。試打してみた。アレ?かなりいい。打感も上々。でも私だけでは検証にならない。楽しく通っているライザップゴルフのコーチにも試打してもらった。偽物とは言わずに。
せっかくなので私の主力である最新ゼクシオアイアンと比較してもらう。さすがコーチだ。距離だけでなく打ち出し角度やミート率など、様々なデータをノートに書き込んでいる。そして

PXG(ぱちもん)のほうがイイですね。捕まりもいいし球筋も安定しています!
天下のゼクシオが中国のパチモンに負けた歴史的な日だ。その足で金物工場を探してブッタ切ってもらった。

 

 




    ↓








なんと中が空っぽのただの鉄だ。予想はしていたが期待を裏切らないさすが中国。
ちなみに本物の中身はこうなっている↓

 

 

最高の合金とエラストマーという素材で出来ているそうだ。
しかし、である。中国製ロレックスのパチモンもそうだが、「時計」としては十分使えるのと同じで、この偽物アイアンも残念ながら実用に耐え得るという何とも後味の悪い結果になった。
調べてみると安価なタイトリストも中国製の偽物で、ものすごい数が流通している。
中国、恐るべし。

 

 

よゐこは決して買わないよう  BOZZ