情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

鹿児島県出水市の4歳女児死亡事件、繰り返される悲劇

児童虐待が問題視される中、次々と起こる悲劇。
鹿児島県でもまた、一つの小さな生命が暴力によって奪われた。

8月28日、鹿児島県出水市の大塚璃愛来(りあら)ちゃん(4歳)が死亡した。璃愛来ちゃんの死因は溺死であったが、頭部や体には複数のあざができていた。暴行容疑で逮捕されたのは、母親の交際相手である日渡駿容疑者(21歳)。
鹿児島地検は勾留満期の為、9月21日に日渡駿容疑者を処分保留で釈放したが、この事件は決して許されることではない。

こちらが事件が起きたアパート。建物のまわりは畑が広がっている。






近隣住民は事件の事を多くは語ろうとせず、現在は事件以前のような平穏な生活を送っている模様。
アパートに張り出されている報道陣に対する注意書きと、一家が住んでいた玄関に貼られている開閉を規制するシールだけが事件も思わせる。



近隣に所在する多くの店舗などに、ガルグループが協賛している児童虐待ポスターの貼付協力をお願いしたことろ、すべての店舗で快く応じてくれた。近隣で働く人々や住民、みんなが事件に心を痛め、児童虐待をなくしたいと思っているという気持ちが伝わった。

ガルエージェンシー鹿児島中央ガルエージェンシー宮崎中央
代表・大藤 史生(0120-046-007)
長きに亘り調査現場の第一線で活躍した後、調査本部第二班班長、ガル探偵学校本校主任講師も務めた日本屈指の名探偵。あらゆる調査を解決に導く手腕はご依頼者様や弁護士からの信頼が厚い。「誠心誠意」サービスを提供する事を信念とする。

タイトルとURLをコピーしました