情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

大阪市子ども相談センターの驚くべき見解

大阪市子ども相談センター。



アポイントを取るも、通常業務で手がいっぱいでインタビューに対しての人員確保が出来ない、不要な対面を避けている等々の及び腰な理由で訪問でのインタビューは困るとのこと。不本意ながら電話取材となった。
幹部職員の運営係長、山田真由美氏。


 

氏曰く、
宿直を廃止し24時間対応のホットラインを設置・センター内の情報を担当者毎で留めず組織として情報共有・議員立法にて警察との連携を確実にした等、大きな事件の後に自分らが対処したことを話すばかりで現状には触れない。
そして、驚くべき見解が飛び出した。「大阪市の虐待通告数は警察とも連動した結果、警察からの通告は非常に多くなってきており、政策が実を結んでいる。そして通告数は住民意識の高さの現れであるので行政として前向きに捉えている。通告数自体も虐待の実態数では無いので、虐待防止が進んでいると分析している」と。
この見解は大阪市の統一見解だそうだ。これが行政及び児相の考えなのである。我々に残された選択。それは皆様にお力添えいただき、根底から良い方向へ覆すことだ。



ーつづくー



監修  BOZZ

ガルエージェンシー大阪(本社直営) 探偵 圷
ご依頼者様に寄り添ったベストな解決法をご提案させていただきます。心の傷や不安を取り除き、お役に立てるよう親切丁寧に対応を心がけています。(0120-000-783

タイトルとURLをコピーしました