情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

【裁判傍聴】イマドキ男子の詐欺と大麻

見た目はベンチャー企業のイケメン若手エース風、話し出すとちょっとおバカなイマドキ男子の詐欺と大麻所持裁判を傍聴してきました。

事件番号:令和3年刑(わ)第1007号
被告人 :20代男性
事件名 :詐欺,大麻取締法違反

被告人は、整えられた髪に切れ長の目で紺のストライプスーツ。保釈中のため、手錠等はされず弁護士の隣に着席していました。今まで見た被告人の中でダントツ明るい雰囲気です。

事件概要
・大麻をポケットに入れていて逮捕
・特殊詐欺の受け子をしていたことも発覚
・自宅クローゼットに大量の乾燥大麻、リキッド大麻、MDMA

友人2名と共同購入した大麻は全て被告人の自宅に保管していて、いつも集まって大麻を使用していました。「友人と共にガッツリ大麻にハマっていて、MDMAも使ってみようとしていた」そうです。

被告人は特殊詐欺の受け子について、薬物運搬だと思い10万円の報酬で引き受けたそうですが裁判官から「おかしいと思わなかったか」と突っ込まれて、被告人は「やっている中で怪しい仕事かもしれないと思った」と述べてますが、薬物運搬も十分怪しい…!

借金があってとにかくお金が欲しかった被告人は怪しいと感じながらも最後まで仕事をこなし、1回だけで受け子をやめます。
その後、被告人は大麻売人から一番お得だと勧められたリキッド大麻80本セットで80万を友人と折半で購入していますが、受け子の報酬は使っていないそう。大麻にもお得なセット販売があるんですね。

裁判官からの「1か月間ほぼ毎日大麻を使用していたが大麻に依存している自覚は?」との質問に「全くありません!!!」と本日一番大きな声で言い切りました。最初に「ガッツリはまっていた」って供述したのに???

ところどころ本当か?と感じる供述をしていた被告人ですが、最後は「全ては逮捕されると分かっていてもやめられなかった自分の弱さが原因です。今後は大麻をやる友人と縁を切って、更生する」とよくある反省を述べました。

今回の裁判は、この人またやりそう…と感じる裁判でした。

 

ガルエージェンシー東京本部 探偵K
ご依頼者様に寄り添ったベストな解決法をご提案させていただきます。心の傷や不安を取り除き、お役に立てるよう親切丁寧に対応を心がけています。(0120-0783-50>>ガルエージェンシー東京本部の過去記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました