ファミマの隣にファミマが新たにもう1軒オープン?現地の状況と実態を取材


ファミリーマート(以下、「ファミマ」と表記)の隣に、新たにファミマがもう1軒オープンするらしいとのことで、話題になっている。この件に関して、実態を調べてほしいという依頼が読者から寄せられた。当該の店舗があるのは、JR上野駅(東京都台東区)の入谷口の近辺である。

 

 

本件が話題になったきっかけは、2018年1月中旬に現地の様子を撮影した画像がTwitterに出回ったことだった。ファミマ入谷口前店の隣には、サンクス上野入谷口店があった。ところが、サンクスからファミマへのブランド転換に伴い、サンクス上野入谷口店はファミマ上野入谷口店として3月にリニューアル・オープンするというのだ。

そうなると、ファミマが2軒並ぶという珍しい光景が出現することになる。サンクス上野入谷口店は閉店済みであり、店のドアに貼られたリニューアル・オープンの告知を撮影した画像がTwitterに公開された。すると、その情報が各所に広まり、ファミマが2軒並ぶということに関して、様々な憶測や意見が飛び交った。

このたび当サイトでは、現地を訪れた。サンクスの看板等は既に取り外されており、リニューアル・オープンに向けて準備が進められている様子だった。ファミマ入谷口前店で店員に尋ねたところ、3月以降も同店は存続するため、ファミマが2軒並ぶことになるという。店員もやや困惑している様子で、苦笑していた。

 

 

 

店の周辺で人々に話を聞いてみた結果、近隣の高校に通う男子生徒からは、こんな答えが返ってきた。「ずいぶん前からサンクスでもファミマの商品を売っていたわけだから、ファミマが2軒になっても、これまでとほとんど変わらないと思いますよ」。一方、ファミマが2軒並ぶことになるとは知らなかったという人々もいた。

 

 

続いて、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社に話を聞いた。ファミマとの経営統合以来、サンクス上野入谷口店だった店舗では、従来もファミマの商品が売られていたという。既存の店舗であるファミマ入谷口前店の今後について尋ねたが、各店舗の営業状況や予定に関する情報は開示していないため回答は控えたいと、広報の担当者は述べた。

 

高橋