パツキンとチェーンソー  ~アソタソ~


BOZZ専属ドライバーの麻生です。
先日BOZZのFacebookに私の写真がアップされたところ内容そっちのけで
ほとんどのコメントに「パツキン」「www」等、予想以上に反響を頂きました。

自分でも高○クリニックの院長じゃねぇか?と思うくらい別人です。
電車の移動中に何気なく前に写る金髪の男を見て
「誰やねん?・・・ おっおっ俺かっ!?」
とガラスに映る自分に自分が一番驚いています。

さて本題。上の写真にあるチェーンソーですがUSEDを購入。
ハスクバーナというスエーデンの会社で中でもチェーンソー界では超一流メーカーだそうです。

でも実は前回の滞在中に日本製で1台、排気量30ccの新品を購入してたのですが

直径3cmくらいの枝はサクサク切ってくれますが10cmクラスになるともうエライ時間と労力がかかってしまい、チェーンソーでの作業経験がある方ならわかってもらえると思いますが続けて使っていると重さと振動で意外と疲れるのが早いんです。
まして切れ味が悪かったり遅かったりするとシンドさ倍増です。
そこでBOZZが71ccエンジンのチェーンソーを購入してくれた訳です。

チェーンソーの基本構造はおおよそ共通しているので機械苦手気味の私でも少し触ればだいたい理解できます。

がしかしやはりいくら一流メーカーの商品とはいえ、中古は中古ですのでちゃんと動くかどうかの動作チェックをしなければなりません。
そこで梅雨空の中、高速道路の高架下で大きな男とパツキンの怪しい男2人で確認して来ましたわ。

無事、ちゃんと動きました!

これで本格的にバシバシ伐採して行きますぜ。
しばらく“木こり”だなこりゃ。

 

 

髪の量が1.3倍増えたなと言われたけどまやかしだと理解しているアソタソこと麻生 麻生


SNSでもご購読できます。