情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

【肌着着用禁止問題】ブラック校則

小学生のお子様を持つ方から、こんな情報が当サイトによせられました。

いつも楽しく拝見しております。
以前スッキリで取り上げられていた、体操着の下に肌着禁止問題をご存知でしょうか。
娘の通う学校でも体操着の下に肌着が禁止となっており、その理由は「肌着が汗で濡れて風邪をひくから」だそうです。

殆どの保護者がおかしいと思っていても、頑なに変えようとしない学校サイド。近隣の小学校では廃止されたり、また逆に衛生的に肌着は着用して欲しいと言われている学校もあります。
正直、女の子を持つ親として気持ち悪いという感想しかありません。
すぐにでもこの校則を廃止して欲しいのですが、モンペ指定されるのが怖く訴える事ができません。
お力を貸していただけませんでしょうか。
娘の通う小学校は、江戸川区〇〇小学校です。


朝の情報番組で取り上げられたこともあり、一時多くのSNSママアカウントでも騒がれていた体操着の校則。

最近では子供を持つ親たちが性教育の本を読み聞かせしている方が増えました。
性教育をしているからこそ、情報提供者の方のお子様のように小学校の対応に疑問を感じ、嫌悪感を示す子供も少なくないはずです。児童ポルノが問題になり、ドラえもんのしずかちゃんの入浴シーンですらそれにあたるとして無くなっている世の中ですから、自分の身を守る意味でもとてもいい傾向だと思います。

それなのに、何故現実の子供たちへの対応が遅れているのでしょうか。

情報提供者の方によると
・入学後のプリントで原則肌着禁止の連絡(4年生以降はスポブラのみ着用可)
・保護者会での肌着着用禁止の念押し
・肌着着用時は連絡帳へ記入し提出
と説明されているようです。

まずは該当の小学校の対応を調査してみました。

【江戸川区該当小学校】
・テレビでも取り上げられ、心配している親御さんが多い
・原則は体の汗冷えを避けるため肌着着用は推奨しない方針だったが、現在は替えの肌着を用意してもらうなど、親御さんに任せている


情報提供いただいた江戸川区の学校では現在は保護者にお任せの方針をとっているそう。
都内の他の学校にも確認しましたが、やはり今回メディアに取り上げられた為か、今年から変更になっている地域が多くありました。



教育委員会では

【江戸川区教育委員会】
・教育の方針は学校に任せているが、世の中の流れによってこういった内容には対応を変えていく
・最近特に問い合わせが多い案件のため、学校にも柔軟に方針を変更するよう区内の全小学校に伝えている
・再度該当の小学校に柔軟な対応をするよう伝える

とのこと。
多少の認知まで多少のズレがあるようですが、現在は柔軟な対応をしてくれているようです。

さらに、教育委員会の担当者は
「こういった心配事があれば、遠慮なく学校に問い合わせしても問題ないです。少しでも気になる事があれば問い合わせてください」
とのことでした。

情報提供者の方のように学校に連絡するとモンスターペアレント扱いされてしまうのではないか、と心配になってしまいます。しかし、少しでも不安な事があれば一度学校へ相談をしてみたほうが良い結果になりそうです。

もし、学校も教育委員会も埒が明かず、交渉できないような事があれば弁護士を代理人に立てる方法もありますが、顧問弁護士によると、親御さんが学校、教育委員会に相談をすることがベストな方法だとアドバイスを頂きました。

肌着問題の他にも、置き勉、肌着、髪色や髪型(天然パーマなど)等の疑問がまだまだ多くある義務教育の校則。人種差別の助長、児童へのわいせつ事件につながる事を避ける為にも世の中の感覚と学校の方針がずれている場合、声を上げることで子供たちを守ることが出来るのかもしれません。

学校の先生は激務とよく耳にしますが、子供たちのためにも教師の働き方改革を進め、古い感覚を捨てて、保護者やメディアから言われる前に校則の見直しに力を入れて欲しいです。

ガルエージェンシー東京本部 探偵こだま
ご依頼者様に寄り添ったベストな解決法をご提案させていただきます。心の傷や不安を取り除き、お役に立てるよう親切丁寧に対応を心がけています。(0120-0783-50

タイトルとURLをコピーしました