情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

五反田デリヘル「コロナ不況女子」 ~貧困女子に合法援助?

6月5日五反田にOPENしたコロナ不況女子。「ネタとして使っていて不快」「選択肢が無くなった女性を食い物にしている」と取り上げられ賛否両論が巻き起こりました。

どういった経緯でこの店名にしたのか、実際に取材してみるとSNSで飛び交っている内容とは少し違う背景がみえてきました。

 

「今回このような取り上げられ方をしてしまったけど本当に女性の支援が目的なんです」

と話してくれたのは代表のY氏。
Y氏は元自衛官でパーソナルジムを経営していた若手起業家でした。しかし、コロナが原因で倒産。
マーケティングに無知だったことも原因と考え、マーケティング関係の会社に再就職しました。
その時の元上司からの奢りでデリヘルを利用した際、現状や待遇を聞き衝撃を受けたことが発端だと言います。

「ついてくれたのがコロナで解雇になりデリヘルで働く事を決意した女性だった。解雇になった後、好きでもないこの仕事をしている。しかも給与の取り分も少ない…!不況の為この仕事を選んだのならせめて好待遇の店舗で人生を立て直せるように働いてほしい!

と知人のI氏に相談を持ちかけたことが起業のきっかけだったそうです。
相談を受け共に起業したI氏は

「ガチだったから協力したんです。本気で風俗の女性をどうにかしたいと彼は考えていた。コロナ不況女子という店名は戸惑ったけど…」

普通の支援団体設立も検討したY氏ですが、それでは風俗業界の女性への支援が不足すると考えたと言います。ファイナンシャルプランナーと業務提携し卒業後も安定した生活が送れるようサポートできる体制を整えた上であえてダイレクトに命名したそう。

コロナ不況の女性をデリヘルへ誘導する商法ではなく、コロナ不況で
セックスワーカーを選んだ女性への支援とアプローチ
としての店舗名。
ここは大きな違いなのではないでしょうか。

 

初出勤のあおいさんは「この業界で働くのは初めて。解雇後、借金返済に困り働く決意をした」と話してくれました。
不況女子の入店理由はどれも事実(身バレ防止フェイク有)とのこと。

ちなみに、コロナ不況女子では基本料金のバックが5:5だそうです。
指名料、交通費、オプションはフルバック!
もしあおいさんを指名(2千円)して60分利用(1万6千円)すると、彼女に1万円支援できるシステム!
ぜひ支援者となってみてはいかがですか?

記事にできなかった部分とあおいさんのインタビュー動画にしました!

ガルエージェンシー東京本部 探偵こだま
ご依頼者様に寄り添ったベストな解決法をご提案させていただきます。心の傷や不安を取り除き、お役に立てるよう親切丁寧に対応を心がけています。(0120-0783-50>>ガルエージェンシー東京本部の過去記事はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました