情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

<魔界の踏切 地縛霊の正体とは!?> ~東京都 発心地蔵尊~

稲川淳二氏の怖い話「魔界の踏切 中央線の地縛霊」はご存知でしょうか?
今回は怪談の舞台とも言われる東京都立川市の「発心地蔵尊」を調査しました。
西国立駅から徒歩10分程の場所にあります。

ここには過去に野沢踏切という踏切があり、自殺踏切事故が多発し夜になると顔が青白い幽霊が目撃される事が多かったそうです。

事故と自殺者が多かった為に、交通安全を願う地元の有志によって発心地蔵尊は建立されました。当時は魔の踏切と恐れられていましたが発心地蔵尊が建立されてから事故で亡くなる人は無くなったとの事です。

実際に訪れて見ましたが2010年(平成22年)に中央線は高架となり、現在では踏切は無く野沢踏切跡となっていました。

過去の航空写真を調べてみました。
・1992年(平成4年)

この頃はまだ野沢踏切はあります。

・2008年(平成20年)

まだ野沢踏切は残っていますが、隣に高架が造られています。

・2019年(令和1年)の航空写真

野沢踏切は無く、高架が完成しています。

実際の事故に関する新聞記事も見つけました。
・2010年(平成22年)12月1日 読売新聞

→2010年11月30日に立川駅構内で女性が自殺し、同日付近の踏切でも男性が電車にはねられて死亡した。

他にも2002年10月31日にJR西国立駅~立川駅間で同市在住の主婦が普通電車にはねられ即死する事故があり、2002年11月27日には野沢踏切で50~60歳代男性が電車にはねられ即死の状態で男性は線路にうつぶせになっており自殺した見られる事故など、多くの事故がありました。

現在では立川市内数カ所の踏切に事故防止対策として赤白の遮断棒が導入されています。

・2007年(平成19年)10月4日 読売新聞

野沢踏切跡は本当に事故があった心霊スポットですので、訪れる際はくれぐれも地縛霊に憑りつかれないようにしてください。

 

ガルエージェンシー東京本部 探偵ますだ
ご依頼者様に寄り添ったベストな解決法をご提案させていただきます。心の傷や不安を取り除き、お役に立てるよう親切丁寧に対応を心がけています。(0120-0783-50>>ガルエージェンシー東京本部の過去記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました