【スクープ】20年間ストーキングで逮捕の男、別の女性への執拗な尾行も発覚


同じ女性を対象として、約20年間にわたってストーキングを繰り返してきた、五代儀大(いよぎ・まさる)容疑者(東京都足立区)が、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。当サイトでは、高校で容疑者と同学年だったという人物(以下、「Aさん」と表記)との接触に成功。現時点までに報じられていない、驚くべき実態が明らかになった。

 

 

ストーキングの対象となった女性は、約20年前にガソリンスタンドでアルバイトをしていた。容疑者は勤務後の女性を尾行して自宅を特定し、覗き行為、ゴミ漁り、無言電話等を繰り返していたと報じられている。3年前にも、この女性へのストーキングで逮捕されていた。最近になって、再び同様の行為に及んだことから、このたびの逮捕に至った。

 

 

情報提供者のAさんは、高校時代の容疑者について、次のように語る。「当時は同じクラスだったわけでもないので、特にこれといった印象はありませんでした。なんだか得体の知れない人、と漠然と感じてはいましたが・・・」。そんなAさんの容疑者に対する印象が大きく変わったのは、高校卒業後のことだった。

「五代儀は同じ学年だった女の子(以下、「Bさん」と表記)を、高校を卒業してからストーキングしてたんです」。容疑者によるストーキングの対象は、このたびの事件の被害者女性以外にも存在していたのだ。「ある日、Bさんは帰宅途中に、五代儀に後をつけられていることに気がついたそうです」。それ以来、Bさんへのストーキングが始まった。

ストーキングされていることに恐怖を覚えたBさんは、周囲に助言を求めた。その結果、警察に被害を相談することになった。それ以降、ストーキング被害はなくなったという。ちなみに、高校を卒業後、容疑者がどのようにしてBさんを発見することができたのかという点は、定かではない。

容疑者の写真や関連資料を持っていないかとAさんに尋ねたが、高校時代のものは残っていたとしても全て実家にあるため、現在は手元にないとのこと。一方、今回の容疑者逮捕は、高校で同学年だった人々の間で話題になっているという。「ニュースになった日に、何人もの友達から連絡がありました。もう、みんな知ってますよ」。

当サイトでは、容疑者の在住地域である、足立区竹ノ塚へ向かった。現地で聞き込みを行ったが、容疑者との接点や面識のある人物に出会うことはなかった。とはいえ、このたびの事件については、既に広く知られている様子だ。「地元にそんな人がいたなんて、怖い」、「危険人物が逮捕されてよかった」といった声が聞かれた。

 

 

続いて、容疑者が卒業した、都内の高校に連絡を取った。副校長曰く、容疑者が同校の卒業生であるということ自体、初耳だったそうだ。現時点で本件についての情報は皆無であるため、同校として話せることはないという。また、今後、仮に何らかの情報を得ることができた場合にも、個人情報に関わる内容には回答しがたいとのことだった。

 

高橋